Bethel を見学する時にここで事前説明を受ける。OHP、ビデオを使って、概略を説明 してくれる。通常はドイツ語。私たちには、英語で説明してくれた。英語の資料も豊富 にある。年間1万人以上の見学者がここで説明を受ける。40人位のグループで見学す るようだが、私たちは、2人だけで説明から案内からVIP待遇であった。至る所に美術作品 やパネルが展示してあった。


 宿泊したホテル。てんかん者が職業訓練の一環として調理場に立ったり、ベッドメイキング したりしている。教員の研修や老人のパーティーなどで利用客は多い。
 1泊2食付きで1日5000円位の宿泊費であった。
 1998年2月に新築したばかりの建物で、とても奇麗。でも、室内は禁煙。  支配人のシーモンさんは琵琶湖のホテルでコックをしていたことがあり、 日本語が上手だった。Bielefeld独日協会の会合場所にもなっている。


[ 次のページへ] [前のページへ] [ jepnetホームページへ]