JEPNETホームページへ

EFA Frequently Asked Questions


このページの目的は、一般の人々にてんかんと発作に関する基本的な情報を提供する事にあります。 医学的な助言をする事は意図していませんので、これをお読みになったからといって、医師へ 相談しないで独断で治療内容を変更したりしないようご注意下さい。

Copyright by the Epilepsy Foundation of America 1996.
Japanese translation rights were copyrighted in Japan by the Japanese Epilepsy Network (Kagoshima branch of the Japanese Epilepsy Association Inc.).

【訳註】
このページはアメリカてんかん財団 Epilepsy Foundation of America の WWW サイトに掲載 されている Frequently Asked Question (FAQ) をEFAに許可を頂いててんかんネットワークが 翻訳したものです。翻訳には長崎大学、奥羽大学、鹿児島大学の先生方のご協力を得ま した。アメリカの制度の紹介も兼ねて、全文をできる限り原文に忠実に翻訳しました。 なお著作権上、無断複製、転載はお断りします。

Last Updated Sep.30.2001
Jul.17.96からのこのページへの訪問者数は 人です



【基本的な情報】
てんかんとは?
てんかんと発作の違いは?
知能とてんかんとの関係は?
精神病とてんかんは関係があるか?
てんかんを治療する医師は?
てんかんは遺伝するか?
歳をとってから初めて発作を起こすことがあるのか?
てんかんは伝染するか?
てんかんをもつ人が舌を飲み込んでしまうことがあるか?
発作中は口に何か挟み込むべきか?

【発作のタイプ】

全般発作とは?
欠神発作 (小発作)とは?
全般性強直間代発作 (大発作)とは?
ミオクロニー発作とは?
てんかん重延(積)とは?
若年ミオクロニーてんかんとは?
脱力発作とは?
点頭けいれんとは ?
発作はしばらくすれば必ず自然に止まるか?
部分発作とは?
単純部分発作とは?
焦点性発作とは?
部分発作が感情に影響するか?
ジャクソン(Jackson)発作とは?
複雑部分発作とは?
前頭葉発作とは?
特発性てんかんとは?
夜間発作とは?
てんかん症候群とは?
レンノックス・ガストー症候群とは?
心因性発作(偽発作)とは?

【発作の一般的な知識】

発作とは何か?
発作の閾値とは何か?
発作が一回だけの場合に考慮すべき事は?
何%の人が発作の抑制に成功するか?
発作は脳に損傷を与えるか?
発作の頻度が時に増加するか?
発作で死ぬ事があるか?
発作は繰り返し起きるか?
2つ以上の発作タイプを持つことがあるか?
前兆とは何か?
攻撃的な行動とてんかんの関連性は?
発作は持続的な影響があるか?
思春期になると発作に何が起こるか?

【発作の原因と引き金】

てんかんの原因は何か?
てんかんは予防できるか?
成長すれば治癒することがあるか?
てんかんは時が経てば悪化するか?
発作を誘発しやすいものは?
感覚刺激が誘発するてんかんとは?
光過敏てんかんとは?
ストレスと発作の関係は?
メンスの周期が発作を引き起こすか?
飲酒は発作の要因となるか?
肉体的な活動と発作の関係は?
頭の外傷がてんかんの原因になるか?
動静脈奇形とは何か?
偏頭痛は発作の原因となるか?
低血糖は発作の原因となるか?
ナルコレプシー(嗜眠病)はてんかんと関係があるか?
脳血管病、脳溢血とてんかん

【診断と治療】

発作の疑いがある時にどうすれば良いか?
てんかんの診断方法は?
てんかんは脳波で必ず分かるか?
発作はどうすれば防げるか?
PET とは何か?
MRIとは何か?
てんかんは治るか?
てんかんの治療はどのようなものか?
熱性けいれんとは何か?
熱性けいれんは避けられるか?
大発作の応急手当は?
発作を起こしたら救急車を呼ぶべきか?
部分発作の応急手当は?

【薬物療法】
正しい薬を見つける
血中濃度の測定
副作用
副作用の種類
血球に対する副作用
薬物の相互作用
メーカーによって薬の効力に差があるか?
薬物治療;個人の責任
抗てんかん薬と子供
成長と薬物のモニタリング
抗てんかん薬と成長
抗てんかん薬と未成年
薬物療法での自己責任
子供とフェノバルビタール
フェニトインと歯科治療
薬物療法と食事
抗てんかん薬と薬物依存
抗てんかん薬は胎児に悪影響を与えるか?
妊娠中は発作が増えるか?
抗てんかん薬と避妊ピル
アルコールと薬物療法
違法な薬物と発作
治療効果がない場合・・・ 服薬停止の時
抗てんかん薬の中毒
単剤治療
有効血中濃度
血中濃度の測定の頻度
抗てんかん薬の相互作用
長期間の副作用
抗てんかん薬の詳細
薬物でコントロールできない場合の次善策
てんかんではどんな種類の手術が行われるか?
医師が薬を変更する理由
ケトン食療法
バイオフィードバックとてんかん
てんかんとカイロプラクティック治療
民間療法について
てんかんの生体論的なアプローチ
カルニチン補給

【てんかんと生活】

普通に生活できるか
てんかんの管理は?
ダイエットとてんかん
カルシウムとマグネシウム
ビタミン
ビタミンD、K、葉酸
ビタミンB6 欠乏とマグネシウム
コーヒーや喫煙の影響
てんかんが性機能に与える影響は?
スポーツへの参加とてんかん
水泳とてんかん
学習障害
処理・学習・記憶
記憶喪失
てんかんと暴力
アスパルテーム
三種混合ワクチン
妊娠と飲酒・喫煙
雇用差別
兵役
雇用上の配慮
保険会社による違い(特別な危険)
保険相談サービス
保険の適用範囲
保険委員会
財政的支援
自動車運転免許と事故の責任


【基本的な知識】


てんかんとは?

てんかんとは、脳の通常の電気的な作用機序に、ちょっとした混乱が繰り返し生ずる神経状 態をいいます。通常の脳の作用は、脳内の神経細胞と体のあらゆる場所との間を何百 万もの微小な電流が流れることで成り立っています。てんかんの場合には、正常の場 合よりもずっと強い電気的変化が突発的に生ずることによって、この通常の機能が遮断 されるために起こるのだと考えられています。それは個々の意識や体の運動あるいは 感覚に、ちょっとの間影響をおよぼすこともあり得るのです。そうした肉体的な変化 をてんかん発作と呼びます。だからこそてんかんは、時として発作失調 seizure disorder とも呼ばれるのです。そうした電気的変化は、脳のたった一カ所で起きるこ ともあるし(部分発作)、脳全体の神経に影響をおよぼす場合(全般発作)もあ ります。通常の脳の機能は、そうした電気的変化が落ちつくまで戻りません。そうし た経験を産む脳の状態は、先天的なものかもしれないし、傷害や感染、あるいは脳の 構造的な異常、または毒物に曝されたり、まだ未だに不明な理由によって後天的に生 じたものであるかも知れません。多くの病気や重度の傷害は、一過性の発作を起こさせるような 影響を脳に与えることがあります。未知の理由や矯正することので きない基礎的な問題があるために、発作が引き続いて起こる場合には、それはてんかんで あることになります。てんかんはあらゆる年齢、あらゆる国家、そしてあらゆる民族の 人々に影響をおよぼしています。てんかんはまた犬、猫、ウサギ、ハツカネズミを含んだ 動物にも起こるのです。

目次に戻る


てんかんと発作の違いは?

発作はてんかんの一つの症状です。てんかんとは、脳の機能を混乱させる突発的な 電気的変化を産みやすい脳の基本的な傾向を現すものと言えます。一過性の発作は 、必ずしもてんかんを持っているということを意味してはいません。高熱、重度の頭部 外傷、酸素欠乏など、数多くの要因が一過性の発作を起こさせるのに十分な影響を脳 に与えることもあるのです。一方、てんかんとは、脳内の電気的変化がどのように振 る舞うのかを支配している繊細なシステムに影響を与える潜在的な状態(また は永続的な脳の傷害)であるのです。それは 繰り返して発作を引き起こすものなのです。

目次に戻る


top

知能とてんかんとの関係は?

てんかんをもつ人々の知能テストは一般に通常な範囲を示します。てんかんを持 つ人々の多くは、高度の知能が要求される分野で成功を収めています。同時に、知能テス ト結果が平均かそれ以上であるてんかんの子供の中には、期待されるほどに学校で能力 を示さない子供もいます。そういう子供たちは、記憶力や集中力に困難を覚える学習障害 なのかも知れません。多くの場合、薬は応答を鈍くさせたり、記憶に影響をおよぼ したりします。はっきりとは分からないけれども学習過程に支障があるような 小発作を持っている子供もいます。もし子供が学習上の問題点を持っているのなら、 もっと詳細に検査しなければなりません。けれども幼児期や少年期に重度のてんかん である場合には、永続的な発達遅延と知恵遅れとなることもあります。

目次に戻る


精神病とてんかんとの間に関係はあるか?

てんかんは精神病ではありません。脳機能の失調なのです。てんかんを持っている 人が心の病をも持っていることは確かにあり得るのですが、てんかんと心の病とは異 なった状態なのです。感覚系の発作(視覚や聴覚の幻覚)を経験したことのあるてん かんを持つ人は、時として精神病かもしれないと恐れ、そうした経験は脳の正常な電気的 変化が一時的に妨害されることによるのだと聞いてふつうホッとします。

目次に戻る


どのような医師がてんかんを治療するのか?

神経科医、小児神経科医、小児科医、脳神経外科医、内科医、そしてかかりつけ の医者など、皆てんかんの治療ができます。発作のコントロールの難しい人 の治療は、大きな医療センターや、大学や大病院の神経科、または個人病 院の神経科の専門医から受けられます。

目次に戻る


てんかんは遺伝によるのか?

遺伝学は、他の医療状況において果たしているように、てんかんの治療にも貢献し ています。ある型のてんかんは 特異的な遺伝子に連関していることが分かって きています。さらに、誰もが発作を起こす可能性をある程度持っていると科学者は信じ ています。ある人々は高い発作の可能性を持ち、ある人々は可能性をあまり持たない というわけです。高い発作の可能性を持っていても、多くの人は脳に何らかの傷害が起 こらない限り、一生の間何も起こらないのです。てんかんである人たちの子どもは、 そうでない人たちの子どもよりてんかんとなる可能性はかなり高いといえますが、そ れでもてんかんとはならない可能性も相当に高いのです。大抵の場合、てんかんが家 族性のものとなることは全くないと言ってよいでしょう。

目次に戻る


歳をとってから初めて発作を起こすことがあるのか?

はい、てんかんは年齢に関係なく起こります。アメリカ合衆国にいて、繰り返し発作を起こす (てんかん)ような新患の125,000名のうち、およそ3分の2が18歳 以上なのです。少年期には1%であったものが、80歳では4%にもなるように、 歳をとればとるほど、てんかんとなる機会が増加するのです。65歳以上のおよそ 300,000人の人たちが、てんかんを持っています。アルツハイマー病による脳 の軟化や脳溢血は、老齢者の最も一般的なてんかんの原因なのですが、大多数の場合 には何の原因も見いだせません。

目次に戻る


てんかんは伝染するのか?

いいえ、決して伝染しません。誰か他の人から、あるいは自分からてんかんが他の人に 移るということはあり得ません。

目次に戻る


てんかんを持つ人は自分の舌を飲み込んでしまうか?

いいえ、自分の舌を飲み込むなどということはあり得ません。誰か発作を起こした 時には、横向きに寝かせて(下側となる側に怪我をしていない限り)、 気道を確保して窒息を防ぎます。

目次に戻る


発作中は口に何かを挟み込むべきか?

いいえ、そうすることによりかえって口腔や顎や歯を傷つけることがあります。

目次に戻る


【発作のタイプ】


全般発作とは?

神経細胞の電気的異常が、同時に全脳におよんで起る発作を全般発作と呼び意識消失を 引き起こします。この型の発作には、全般性強直間代発作 (大発作)欠神発作(小発作)転倒発作ミオクロニー発作点頭けいれんな どがあります。
(訳註:実際には、発作の始まりから大脳両側半球を巻き込んでいる症 状で、かつ通常の臨床脳波記録でも発作の始まりから両側性であるものを全般発作と分類 しているだけであり、全脳性であることが確かめられているわけではありません。ま た意識障害のない全般発作もあります)

目次に戻る


欠神発作 (小発作)とは?

欠神発作(小発作)では,ごく短い間だけ一点を凝視したり,ぽかんとしています。 多くは子どもでみられる発作で、突然に始まり数秒間で終わってしまいますが、時 には一日に数10回から100回以上起ることもあります。短い発作の間だけ意識が くもりますが発作が終わればすぐに回復します。発作はとても短いので本人も周りの 人も気が付かないこともあります。親や学校の先生もこのような発作を起こした子 どもを見て、注意を向けていないとか空想にふけっているとか思うかもしれません。 この発作では、まばたき、咀嚼運動や頭部の回転を伴うこともあります。痙攣のない 発作を全て小発作と呼ぶ人もいますが、医師が小発作(古い呼び方ですが)と呼ぶ時 には上記のような欠神発作を指しています。

目次に戻る


全般性強直間代発作(大発作)とは?

全般性強直間代けいれん発作(大発作)では、しばしば、肺から空気が一気に押し出さ れて起こる叫び声で始まり、転倒して気を失い、短時間身体が固くなり(強直)それか ら律動的な(間代)けいれんがはじまります。舌を噛むかもしれません。唾液の泡が口 の周りにあふれ、呼吸は浅く短時間息がとまり、皮膚の色が青くなります。けいれんは 次第にゆっくりとなって1分か2分後には発作は自然に止まります。膀胱や腸のコント ロールが失われたために失禁があるかもしれません。意識が戻る時に、しばらく混乱 があったり、眠かったり、興奮したりするかもしれません。すぐに回復することもあり ますが、多くの場合通常の活動に戻るにはしばらく時間がかかります。もし、発作が長く 続くとか繰り返して発作が起る場合には医学的な処置が必要になります。

目次に戻る


ミオクロニー発作とは?

ミオクロニー発作は、突然の筋肉(ミオ)のけいれん(クローヌス)です。頭部が急激 に前方に飛び出したり、それと同時に両手が上に上がったり、あるいは、頭部も腕も足も、 身体全体が同時にけいれんが起ったりします。もし、動きがひどければ地面に倒れ てしまうかもしれませんが、普通は倒れてしまう前に終わってしまいます。意識がなく なるにしても数秒の間です。すぐに回復し、通常眠気を伴いません。発作は一日に何回 も起こるかもしれません。

目次に戻る


てんかん重積(延)状態とは?

30分以上も続くような、あるいは、間断なく何回も発作が連続して起っている状態 をてんかん重積状態と呼んでいます。普通は発作は1-2分で終わるのですがもし終 わるような気配なしに5分以上続くときにはてんかん重積状態になる可能性がありま す。このような場合には救急処置が必要になります。てんかん重積は、生命の危険も ありすぐに病院での治療が必要です。早ければ早いほど、脳障害や生命の危険も少なく なります。連続するけいれん性発作(大発作)は最も危険ですが、 他の型の発作の場合 も発作を速やかに止める処置が必要です。てんかんの人で発作重積が起る原因の多くは 怠薬によるものです。てんかんの既往がない人でも発作重積が起こりますが、この場合に は脳をおかすひどい病気や外傷が原因だったり、発作重積のあとにてんかんになること があります。

目次に戻る


若年ミオクロニーてんかんとは?

若年ミオクロニーてんかんは、典型的には10代に発症するミオクロニー発作 と全般性強直間代けいれん発作を持つてんかんです。単発あるいは反復する非律動性の不 規則な両側性の突然の筋攣縮(ミオクロニー)を特徴とします。多くは両方の肩や腕にお こり、けいれんが強いと手に持っていた物を投げ出したり、足に起ればいきなり転倒し たりします。発作が短いと意識は保たれていますが、長くなれば混乱が生じるかもしれま せん。朝起きた直後に多く起ります。ミオクロニー発作だけのこともありま すが、しばしば、全般性強直間代けいれん発作(大発作)を併せ持ち、これも起床直後に 多く起ります。睡眠不足、過度の飲酒は発作を起こりやすくしますし、閃光刺激 が発作を誘発することが多くみられます。薬物治療で発作は良く抑えられますが、止める と再発することが多く、継続的な薬物治療が必要です。原因は不明ですが、最近の研究で遺伝的 要因が強く示唆されています。

目次に戻る


脱力発作(転倒発作)とは?

脱力とは、筋緊張の消失のことを指しています。脱力発作は、突然に起る筋緊張と意 識が消失する短時間の発作です。筋(姿勢保持筋)は持続的に緊張して姿勢を維持し ていますから、それが突然なくなれば転倒してしまうことから、転倒発作とも呼ばれます。 2-3秒で発作は終わりすぐに立ち上がることができるようになりますが、急激に転倒 することで、顔面や頭部にひどい怪我をすることも少なくありません。発作の抑制は 困難で一日に何回も起ることがあり、怪我をしないようにヘルメットを着用することも あります。

目次に戻る


点頭けいれんとは?

点頭けいれんは、生後1年以内に始まるのが普通です。突然身体が硬直する発作が群発 します。仰向けに寝ていれば、突然何かを掴むように両腕を動かすように見えますし、座っ ていれば、突然腰を折り曲げ両腕を前方に屈曲するように見えるでしょう。点頭けいれん のもう一つの特徴は、恐れた表情、泣き声を伴って頭部をうなずくように曲げることです。 赤ん坊の正常の行動と思われたり、お腹が痛いためと間違われてしばしば気付かれないこ とがあります。早期の診断と治療が発作を抑えるのに有効ですが、発作の他に神経学的問 題がみつかることがあります。この発作に加え、精神運動発達の停止、ヒプスアリスミア と呼ばれる特徴的な脳波所見があれば、ウェスト症候群と診断されます。

目次に戻る


発作はしばらくすると必ず自然に収まるか?

いいえ。もし治療しなければ何時間も発作が持続することがあります。発作が自然に 止まらなかったり、何回も続いて起る状態をてんかん重積状態と呼び医学的な救急処 置が必要です。

目次に戻る


部分発作とは?

発作を起こす異常が脳の一部に限られていれば、その脳部位の機能だけが障害されるだ けです。意識や感覚あるいは運動の一部に変化を起こす発作を部分発作と呼びます。部 分発作は、意識が保たれるかどうかによって、単純部分発作複雑部分発作とに分類さ れます。脳の一部に起った電気的な異常活動が、脳全体に拡大して全般化発作が生じるこ ともあり、部分発作の二次性全般化と呼びます。

目次に戻る


単純部分発作とは?

単純部分発作は、脳の一部分に起った電気的活動の異常によってその脳部位が調節して いる感覚や運動あるいは感情などに変化を起こす発作です。その間、意識は保たれてお り、何が起っていてどんな感じがするかを他人に伝えることもできます。

目次に戻る


焦点性発作とは?

いつも発作が始まる脳部位のことを焦点といい、部分発作と同意義です。脳のごく限局し た部位であれば意識が保たれた単純部分発作でしょうし、 ある範囲を巻き込んで意識が障 害されると複雑部分発作ということになります。発作の症状は、 焦点の脳部位が本来果た している機能の異常亢進(陽性症状)あるいは低下(陰性症状)としてあらわれます。多 様な感覚、変形視、錯覚、幻覚、身体失認、既視感 deja vu、自動症、自律神経症状、 恐怖感、上腹部不快感など発作が生じている脳部位によって異なる多彩な発作症状があり、 逆に発作の始まりの詳しい症状から発作が起る脳部位を推定することができます。

目次に戻る


単純部分発作は感情に影響するか?

はい。単純部分発作は、恐怖感、不安感や怒りを生じることがあります。 逆に突然の歓喜、 昂揚感あるいは宗教的な感情を引き起こすこともあります。すべて、脳の異常な神経活動 が起っている部位に依存して生じます。

目次に戻る


ジャクソン発作とは?

ジャクソン(Jackson)発作とは単純部分発作の特別なものです。 発作に巻き込まれている 脳部位が身体の運動(筋肉)をコントロールする限局した部位(大脳運動皮質)にあり、 身体の一部分のけいれんが起こります。そしてその部位が次第に移動していく(マーチ、 行進)ような発作を最初に記述した医師の名前をとってジャクソン発作と呼ん でいます。上肢に始まることが多く、指のけいれんから徐々に上肢のけいれんへと進展 したりします。

目次に戻る


複雑部分発作とは?

複雑部分発作とは、神経細胞の電気的活動異常が脳の一部分で起るが(部分発作)、 発作に巻き込まれている脳の範囲が広いために意識が障害される発作をいいます。そ れで、発作を起こしてもその間のことは覚えていません。このような発作は、脳の側頭 葉と呼ばれる部位で起る例が多く、その場合には側頭葉発作、あるいはその発作症状か ら精神運動発作と呼ばれることもあります。もちろん、他の脳部位で起ることもあり 発作の症状も異なっています。
側頭葉の複雑部分発作では、奇異な感じ、恐怖感、上腹部不快感やあるいは、実際に はないものが見えたり(幻視)聞こえたり(幻聴)などで始まることがよくあります。 ポカンと一点を見つめ(凝視)口の周りの咀嚼運動をするかもしれません。手を動か し服を引っ張り、ぼうっとしたまま起き上がり歩きまわることもあります。周囲の物 や人を完全に認識してはいないのですが簡単な指示には従うことができる場合もあり ます。このような発作症状は、一人一人で異なりますが、同じ人ではいつも同じ症状 を示します。
発作は、1-2分で終わりますが、完全に意識が回復するのには少し時 間がかかり、もうろう状態や興奮しやすい状態が引き続くかもしれません。なにが起 ったのか、あるいは発作中にしたことを覚えてはいません。複雑部分発作では実にい ろいろな行動が起り得ますので、酔っているとか薬で興奮しているとかに間違われる こともあります。

目次に戻る


前頭葉発作とは?

前頭葉で起る発作の症状は、側頭葉の場合と大きく異なっています。前頭葉は大きいので 発作が起る部位によっても症状は違います。前頭葉発作では、身体の運動を起こすこと が多く、一回の発作の持続時間は短いのですが、頻回に起ったり群発したりしやすい特徴 があります。発作の始まりと終わり方は突然で、発作後のもうろう状態はごく軽いか全 くありません。全身を捻じ曲げ、激しく打ちたたくような、あるいは両足で自転車のペ ダルを漕ぐような運動、強く手を伸展したり、号泣したり、走りだしたりする激しい発 作が起るので、周囲の人は不安になるかもしれません。脳の言語を司る領域で起れば、意 識はあるのに発作の間喋れなくなります。このような前頭葉発作は睡眠中に起りやすく、 一晩に何回も起るかもしれません。

目次に戻る


特発性てんかんとは?

特発性という用語は、原因がわからないという意味で使われています。したがって、 種々の神経学的検査をしても原因が全くわからないときに、特発性てんかんと呼んで います。

目次に戻る


夜間発作について

ある種の発作は、寝ている時やうとうとしてるときに最も起こりやすいものです。この ような発作は昼寝の時にも起りますが、夜間発作と呼ばれています。発作が睡眠中 だけに起れば、仕事や自動車の運転に対する制限は少なくてすむでしょう。夜の抗 てんかん薬の服薬量を増やせば、睡眠中の発作を減らせることがありますが、必ず医 師の処方で行って下さい。睡眠と関連して発作がある人では、特に規則的な睡眠習 慣が大切で、睡眠の不足や取り過ぎで発作が誘発されることがあります。

目次に戻る


てんかん症候群とは?

医学的状態に関連したある特別の徴候や症状を示すものを一まとめにして、症候群 を呼びます。ある症候群を示す人は、みんな同じような症状や発症年齢、病気の予 後などを示します。いくつかのてんかん症候群が知られていて、さらに、てんかん を含む神経学的機能障害を呈する多くの症候群があります。てんかん症候群には、 レンノックス・ガストウ症候群、中心・側頭部に棘波をもつ 良性小児てんかん、ランドウ−クレフナー症候群(獲得性てんかん性失語)、 若年ミオクロニーてんかんウエスト症候群(点頭てんかん)、ラスムッセン症候群などがあります。

目次に戻る


レンノックス・ガストウ症候群とは?

レノックス・ガストー症候群は、複数の型の発作を併せ持つてんかんのひとつで多く は、5-6歳以前に発症します。強直発作、脱力発作、欠神発作が多くみられ、 ミオクロニー発作全般性強直間代発作 やときには部分発作もみられます。多くの場合、 発作頻度は高く薬による発作の抑制も困難で、多くの薬剤が使われたり、時には蛋白 質と炭水化物を極度に制限した高脂質食を用いた ケトン食療法が試みられることもあ ります。全部ではありませんが、多くの子どもで精神発達遅滞が見られます。

目次に戻る


心因性発作(偽発作)とは?

てんかん性でない発作があります。すなわち脳の電気的活動異常が原因ではなくて、 ストレスに対する反応のような心理的要因によって発作が起ることがあります。こ のような心因性発作も無意識の反応で、意識的に抑えることはできません。観察者 にとっての問題は、その発作がてんかん性でないことを決めることが難しいことで あり、本人にとっての問題は、不必要な検査や薬物治療を受けさせられることです。 てんかんの人が心因性発作を併せ持つこともしばしばあります。てんかん性発作と 心因性発作を分類するのが困難で長時間の脳波−ビデオ同時モニタリングと精神医 学的評価が必要な場合もあります。心因性発作の治療には、心理学的カウンセリン グとリハビリテーションが必要です。

目次に戻る


【発作の一般的な知識】


発作とは何か?

発作は、脳に異常に強い電気的変化が突発的に生じたことによる身体的な影響です。 これらの短時間の電気的な妨害によって生じた発作のタイプは、脳のどこに 起きたのか、そしてどれくらいの部分に起きたのかによって変わります。発作は、 他の人は気づかない位短時間で穏やかであるかも知れませんし、変わった 感覚を生じたり、倒れたり、筋肉が収縮したり、全般けいれんが起こっ たり、 一定時間行動が変化したり、意識が変化したりするかも知れません。発作はまた、ほとんど 無かったり頻繁に起こったり、毎日起こったり、数年間隔で起こる事もあります。 発作は通常は自己制限的で数秒間から数分の後に自然に止まります。場合によって は、持続して緊急処置室で急いで治療を受ける必要があることもあります。 発作は、薬を服用している限り完全に止まるかも知れません。しかし、てんかん を持つ人のおよそ20%は発作をコントロールする事ができません。人によっては 発作が無い期間を置いて、薬を止めることに成功するかも知れません。しかし、薬は 決して突然止めるべきではありません。医師が注意深く観察しながら徐々に減ら していきます。

目次に戻る


発作の閾値とは何か?

もし、脳が熱や外傷あるいは他の原因によって強いストレスを受けると、 誰でも発作を起こす可能性があるわけですが、ではなぜ、人によって発作が起こったり 全く起こらなかったりするのかとういう疑問が湧きます。発作に対する抵抗性は しばしば「発作の閾値」と呼ばれます。十分に解明されていない理由のために、この抵抗性 の程度には個人差があります。このことは、ある人にとっては長期的な影響が 無いような頭部外傷でも、別の閾値の低い人にとってはてんかんになる可能性がある ことを意味しています。

目次に戻る


小児あるいは成人が以前一度も発作を経験していない場合は、発作を抑制するための 薬の治療を薦めるか、再び起こるまで待ってみるのかを決定するために、最初の発作の あとに注意深い医学的評価を行うべきです。1回の発作で薬物治療を始めるかどうか を決めるために最も重要な要因は、更に発作が起こるかどうかの可能性です。医師は、 その患者が将来さらに発作を起こす可能性がどれ位あるのかを確定するために、発作自体 の診断検査と注意深い評価を行います。年齢、家族歴、そして可能性のある発作の原因が考慮 されるべき因子になります。運転免許あるいは雇用者がショック受けるかも知れないという心配 のような、医学とは別の問題も考慮して決定されるでしょう。

目次に戻る


何%の人が自分の発作をコントロールできるか?

てんかんを持つ人の約半分は、薬をきちんと服用している限り完全に発作をコントロールすること が期待できます。また、30%は薬によって有意に発作の回数が減ります。約20%に ついては、現在の薬物療法では何らかの効果があるかも知れませんが、発作は続くでしょう。 ですから、てんかんの与える影響の程度は人によって異なります。頻繁に発作が起こる 人が普通の生活を送るには、信頼できる発作コントロール下にある人よりも大きな困難が あるでしょう。もっと多くのてんかんを持つ人が発作をコントロールできるようになって、 普通の生活を送る機会増えるように、研究や臨床的な管理方法の進歩が望まれます。

目次に戻る


発作は脳に障害を与えるか?

大多数の人にとって、短い、頻繁には起こらない発作は、脳の損傷を引き起こさない と考えられています。しかしながら、持続する、激しい、頻繁に起こる発作、 あるいは酸素欠乏や頭部外傷を伴う発作は、脳のダメージを起こす可能性が高く なります。

目次に戻る


発作がしばしば通常より多くなるのはなぜか?

多くの発作の頻度は不規則で波があります。時に発作が増加するのは異常では ありませんし、状態が悪くなりつつある事を意味しているのでもありません。 一過性に発作が増加する理由には、睡眠不足、薬の不規則な服用、深酒、他の 薬との相互作用、光感受性てんかんを持つ人で閃光やくり 返しパターンの図形に遭遇した、などいくつかあります。 薬を湿気を持つような場所に保管していると、効力が低下する場合もあります。 発作の原因となる脳の状態の変化がある場合もあります。女性が妊娠した場合に 発作の頻度は変化したり、他の健康状態が関与する事もあります。女性の発作は、 毎月のメンスの周期に関連したり、あるいは思春期や閉経の ようなある時期特有の ホルモンの変化に影響されるでしょう。発作頻度の増加は、医師の注意深い 再評価が必要で、薬あるいは他の変更を指示されるかも知れません。 時に、懸命の努力にもかかわらず、発作増加の原因を特定することができないこ とがあります。

目次に戻る


発作で死ぬ事があるか?

発作が直接的な死因になることは滅多にありません。しかしながら、水中や、 高いところ、あるいは運転中だと危険が増大します。まれなケースでは 呼吸が停止したり、発作のストレスの結果心臓発作が起こったりして 倒れることがあります。非常にまれなケースでは、てんかんを持つ人が 突然何の明らかな理由も無く死に至ることがあります。てんかんによる死の 多くは、数分以内に自然に発作が停止しないで持続するようなけいれん発作の 結果起こります。この状態を発作重積と呼び、救急処置を 施さねばなりません。短い間隔でけいれん発作を繰り返している人も 救急処置を受けるべきです。普通の全般強直間代発作 の最中の呼吸は浅く、短時間停止することすらあります。もしも発作が終わっても 呼吸が再開しないような場合にはCPR(蘇生法)を始めるべきでしょう。

目次に戻る


発作は繰り返し起きるか?

はい。もしてんかんがあれば、発作は再発します。実際、てんかんは 発作を繰り返して起こす傾向と定義されます。人によっては、 発作は薬物療法にもかかわらずしばしば起こります。もっと軽い ケースでは、発作の頻度はもっと少なく、発作のコントロールもより簡単です。 一般に、発作のコントロール期間が長ければ長いほど、発作が起こる可能性が 少なくなるようです。それでもなお、何年も発作がコントロールされていたとしても 再発する可能性があります。もし再発したら、何か原因が潜んでないか確認する ために、神経科の医師に再評価をして貰うべきです。薬も調整するか、再度 開始すべきかも知れません。てんかんでは無く、別の原因(例えば、中毒、 酸素欠乏、急性の頭部外傷)で発作を1回だけ経験したのなら、発作が繰り返す 可能性はあまり無いでしょう。

目次に戻る


2つ以上の発作タイプを持つことがあるか?

てんかんを持つ人が2種以上のタイプの発作を持つことはあり得ます。 ごく幼い時に始まった発作の場合には、子供の場合、成長につれて異なるタイプの発作が続く かも知れません。また、大人の場合、部分発作が全般発作になるかも知れません。 つまり、部分発作が脳の他の部分に広がり倒れたりけいれんを引き起こすのです。 特徴的な発作タイプが混合しているてんかんもあります。てんかんを持つ人が、自分の 持っている普通でない発作の全てについて医師に話すことは、最も効果的な に薬を処方するために重要な事です。

目次に戻る


前兆とは何か?

前兆とは発作の前に生じる普通では無い感覚に対して付けられた名称で、 それがあると本格的な発作が起こるかも知れないという警告として役立つ かも知れません。例えば、恐怖、気分が悪くなる、あるいは奇妙な匂や味の 感覚などがその例です。前兆は、実際にそれが脳の他の領域に広がる前の発作の 活動の始まりです。この警告を感じる人は、しばしば、本格的な発作が始まる 前に危険から逃れる時間を持つことができます。時には、発作が続かない事もあ り、その時には前兆だけしか起きません。

目次に戻る


攻撃的な行動はてんかんと関連するか?

攻撃的な行動は、てんかんを持っている人に見られる場合、時たま発作の一部と 見なされることがあります。しかしながら、現在の研究では、本格的な発作の直後の 混乱している時期を除いて、てんかんそれ自体が敵意、短気、攻撃性などの原因と なるという理論を支持する証拠はありません。しかしながら、頭の外傷と脳の損傷 は、しばしば攻撃的な行動と関連し、頭の外傷は発作も引き起こすことがあります。 頭部外傷とてんかんの両方がある場合は、攻撃的な行動を起こすのは発作よりも むしろ頭部外傷の方が多いように思われます。それに加えて、てんかんを持つ人の中には 他の慢性的な病気の問題と同じように、生活の状態が自らのコントロールを越えて いるために困惑し憤っている人もいるでしょう。

目次に戻る


発作の持続的な影響があるか?

発作のあと、ししばしば混乱した状態が続くので、完全に意識が回復したと感じる ようになるまでにしばらく時間が必要です。しかし、平均的な発作では脳の活動に対す る持続的な影響は無いようです。てんかんを持つ多くの人々は、一生の間に何十回もの 発作を経験しますが、気が付くような知的な変化や疑いはありません。しかしながら、 異常に長い時間続く発作や、停止しないで連続して起こる発作は、その人の能力 が様々な方法で機能するのを減退させるかもしれません。

目次に戻る


思春期には発作が変化するか?

思春期(性成熟)の時期には、発作が止まったり、変化したり、始まったりしますが、 性ホルモンが関与していると考えられています。小発作とよばれる欠神発作は 通常小児期に始まり、思春期あるいはその前に消失するかも知れません。しかし、 別の発作はこの思春期に始まるでしょう。若年ミオクロニーてんかんは 典型的に10代で始まり、複雑部分発作もこの年代に起こる可能性があります。 少女の場合は、メンスの開始で発作の頻度が変わることもあり、思春期の 最初に始まるホルモンの変化が関与していると考えられています。てんかんを持つ多く の女性では、メンスの期間の直前か最中に発作が増えます。また、メンス周期の 中程、恐らく排卵の時期に発作が増える人もいます。

目次に戻る


【発作の原因と引き金】


てんかんの原因は?

てんかんをもつ人の10人中7人は、その原因が分かりません。原因が分かる場合でも、 脳の働きの中で原因となり得る様々なもののうちの1つでしょう。 例えば、頭部外傷や出産時の酸素欠乏は脳のデリケートな電気系統に障害を与える でしょう。脳腫瘍、遺伝的な状態(結節性硬化症のような)、鉛中毒、 先天的な脳発達障害、髄膜炎や脳炎のような感染症なども原因となります。 てんかんはしばしば子供の時期の状態として捉えられますが、人生のどの 時期にも起こり得ます。毎年125,000人の新しい患者の約30%は子供の 時期、特に幼児期と青年期に発症します。また、65才以上の 人々に相対的に高い頻度で起こります。

目次に戻る


てんかんを予防することはできるか?

外傷によるてんかんは、安全ベルトの使用、バイクのヘルメット、車の幼児用の安全 シートのような安全対策で外傷の危険を減らすことで防ぐ事が可能です。新しい ワクチンの開発によって、重大な感染の合併症や後遺症によるてんかんを防止できるでしょう。 薬物やアルコール中毒を避けるのも重要な予防策です。しかしながら、てんかんの 原因についてもっと研究が進まないと、多くのケースを予防するのは不可能です。

目次に戻る


てんかんは成長とともに消失する事があるか?

ある幼児期のてんかんでは発作が成長とともに消失する機会が非常に高いようです。 特に、小発作(アブサンス)てんかんと良性小児てんかん (良性ローランドてんかん)では そうです。しかしながら、子供の場合に発作が起こっている間に将来消失するかどうか を予測することは無理でしょう。多くの子供(そして大人)で、発作の無い期間が数年続けば、 医師の指示に従って薬を断つ事が可能で、それらの多くのケースで発作が再発することは ありません。

目次に戻る


てんかんは時間とともに悪化するか?

てんかんは、一般には、脳腫瘍のような時間の経過とともに悪化するような脳の 失調によるもので無い限り、悪化することはありません。むしろ、成長する につれて発作がだんだん少なくなるようです。しかしながら、年を取ると、 最初の頃よりてんかんが進行してしまう可能性もあります。

目次に戻る


発作を誘発しやすいものがあるか?

発作の誘因に対して特に感受性が高かったり肉体的な変化を起こしやすいような 人に、発作を誘発させるようなものはたくさんあります。感覚的な誘発因子には 音、感覚、閃光、まれには、ある活動、ホルモンの影響、ストレス、過度の飲酒、 違法な薬物の使用、高熱の被爆などがあります。

目次に戻る


感覚誘発発作とは何か?

てんかんを持つ人のうち少数(5%以下)に感覚刺激で発作が誘発されます。 このタイプのてんかんを持つ患者で最も一般的な誘因は閃光で、 小発作(アブサンス、 数秒間外界との接触を失い、意識の消失した空白の凝視状態)を誘発します。 小発作はてんかんの最も一般的なタイプですが、その発作を起こす患者の中で 閃光に対して感受性を持つ人は非常に希であることを指摘しておく必要があるで しょう。非常に希なケースでは、特定の図形パターンや色、特定のリズムや メロディー、読書、あるいは特定の行動を思考することによって発作を誘発 する場合があります。これらは大変まれな反応で、ごく少数の人しか影響を 受けないでしょう。

目次に戻る


光過敏性てんかんとは?

光過敏性てんかんの患者は、一般に10-20Hzの閃光によって発作を起こします。 一般に発作を起こすのは大変強い閃光です。例えばネオンサインや映画は 通常無害です。テレビも、光過敏性てんかんの患者がテレビに近づき過ぎて いない限り、通常安全です。それでも、画面が調整されていなかったり、 ある速度で垂直に流れたりすると発作を引き起こす事があります。例えば、 ロックコンサートなどで、太陽光線の明滅のように、ある速度とリズム でストロボが点滅すると、光過敏性てんかんの患者に発作を引き起こす事があります。 点滅効果はオートバイや自動車を運転中に影とひなたが交互になっている所を通り抜け る時に最も起こりやすいのです。ブラインド越しの光に感受性を示す人もいます。 混雑した道路で、向かってくるヘッドライトが発作を引き起こす場合もあります。 ごく希なケースでは、あまりにも感受性が強いために、水面のさざなみの光の反射 で発作を引き起こす場合があります。

目次に戻る


ストレスは発作の原因になるか?

てんかんを持つ多くの人々は、そしてその医師達も、感情的なストレスを受けている 間は発作が増加することを確信しています。個人的な問題に直面すると、しばしば、 心配、睡眠不足、不規則な食事などになりがちです。しかしながら、発作を持つ多くの 人々は、基本的に他の人と同じように、健康で正常で有能です。ですから、原則と して、単にてんかんを持っているというだけで、過度の興奮や奮闘努力に対する行き 過ぎた用心をする必要はありません。しかしながら、人によって反応は違いますし、 ある人が特定の状況で何度も発作を起こすようなら、多分、そのような状況は避ける のが最善でしょう。

目次に戻る


女性のメンスの周期と発作は関連するか?

研究によれば、人によってはホルモンがてんかんに幾分関与することが明らかに なっています。女性のメンスの周期でホルモンの濃度が変化し水分の貯留が起こ ります。これらの要因は、人によってはメンスの最中に経験するように、発作の 回数を増加させます。これらの理由で、そのように発作が増加する女性は、 メンスの周期のある時期に抗てんかん薬の服用量を変えて欲しいと医師に申し出で ても良いでしょう。いくつかのケースではホルモン療法が試みられています。

目次に戻る


飲酒や違法な薬物は発作を引き起こすか?

長期間の多量の飲酒はしばしば栄養の不足を来たし、肝臓、膵臓、神経、 脳を痛めます。脳の打撃が進めば、発作やそれに続いててんかんを起こし 得ます。飲酒を止めた後に禁断症状の一部としての痙攣が起こることが あります。てんかんを持つ人の中には、飲酒した時に発作を経験する 人もあり、たまにゆっくり飲むような社交的な飲み方では、発作に 全く影響しない人もいます。コカインや PCPはてんかんを持っていない 人でも発作を引き起こす事があり、てんかんを持っている人にはなおさら 危険です。どんなタイプの違法な薬物も、その主要成分のみな らず、発作を引き起こしうる他の物質を含んでいる可能性があり、危険です。

目次に戻る


肉体的な活動は発作を増加させるか?

研究によると、肉体的な活動を行っている時よりも、退屈していたり じっとしている時の方が発作が起こりやすい事が示唆されています。 普通の活動的な生活は何らかの危険は避けられません。これはてんかんを持つ人 ばかりでなく全ての人にとって真実です。運動は健康的なライフスタイルの 必須の部分であり、実際、発作のコントロールを改善します。もし、何か 特別な関心や個人的に用心する必要があるのなら、医師に相談して下さい。

目次に戻る


頭部外傷が発作を引き起こすか?

はい。てんかんは重篤な頭部外傷によって起こる事があり、外傷性てんかん post-traumatic epilepsyとして知られています。多くは開放性あるいは刺入性の 傷を受けた後に起こりがちですが、時には閉鎖性のものでも起こることがあります。 発作は通常少なくとも受傷してから後3ヶ月経過するまでは起こりませんが、 その期間はまちまちです。頭部外傷による発作の評価は、病歴、体の検査、 脳波、CTスキャンあるいはMRIによります。外傷性てんかんは 抗てんかん薬によって治療されますが、もし発作がコントロールできない 場合には斑痕の部分を手術で除去する事も選択枝となります。

目次に戻る


動静脈奇形(AVM)とは何か?

動静脈奇形(AVM)は動脈と静脈の異常な集合です。脳の血管の異常があると、その 周囲の血液供給が影響を受けます。この領域は、発作、弱体化、頭痛などの 原因となるような異常です。これらの異常な血管は、出血を起こして急性の激烈な頭痛 と脳卒中様の状態を引き起こすかもしれません。AVMによって引き起こされた 発作は抗てんかん薬によってコントロールされるでしょう。手術で治療 するAVMもあるでしょう。

目次に戻る


偏頭痛は発作を起こすか?

偏頭痛は定期的な頭痛を含めて遺伝的な失調です。人口の20%まで起こります。 偏頭痛は、時折、意識喪失と異常な脳波を伴う事がありますが、発作を伴う ことはほとんどありません。同じ人が偏頭痛とてんかんの両方を持つ場合、 偏頭痛は発作を誘発しません。それらは別々の失調です。

目次に戻る


低血糖症は発作を引き起こすか?

低血糖症の症状は、普通、食後数時間後のお昼近くか午後に現れ始めます。 患者は体力減退、めまい、発汗、意識混濁などを経験します。てんかんとは 違って、症状は段々と始まり、通常のてんかんの数分間の発作よりは もっと長い時間続きやすいのです。しかしながら、てんかんと低血糖症の違いを 述べることはしばしば困難で、その両方の症状を持つ患者の場合は、その二つ の間の程度を測定するために神経科学的な評価が必要となるでしょう。 脳波、発作中の血糖値の測定、5時間のグルコース耐性試験、あるいは 発作が始まった時にグルコースを投与して変化があるかどうか、などによって 診断されるでしょう。発作時に非常に低い血糖値であれば診断の確定に役立ちます。 この検査に基づいて、医学的な管理と治療が処方されることになります。

目次に戻る


ナルコレプシーはてんかんと関係があるか?

ナルコレプシー(嗜眠病)は日中に過度の眠気が生じるもので、しばしば、立っている時、 食事中、会話中、あるいは移動中のような普通には起こり得ないような状況で起こります。 通常はてんかんと混同されることはありません。ナルコレプシーもてんかんも意識の変化 があります。ナルコレプシー をもつ人は発作の最中に倒れますが、発作は起こらず脳波もてんかんに特有の波形を 示しません。ナルコレプシーを持つ人のてんかんの有症率と、一般の人々のてんかん有症率 とに差があるという証拠はありません。ナルコレプシーについてもっと知りたければ以下の 所に問い合わせて下さい。
National Sleep Foundation,
1367 Connecticut Ave., NW, Suite 200,
Washington, DC 20036
Tel (202) 785-2300

目次に戻る


脳卒中とてんかんとの関係

脳血管病(脳卒中)は、中年から老年にかけて最も多いてんかんの原因です。 脳卒中が原因で起こる発作は、脳卒中患者の20%で、発作後6ヶ月から2年で 起こります。脳卒中は老人ではもっと発症の頻度が高いのですが、どの年齢でも 起こる可能性があります。

目次に戻る


【診断と治療】


発作の疑いがある時にどうすれば良いのか?

もし、あなた自身、あるいはあなたの大切な人に発作の疑いがある場合に は、 その起こっていることについて医師に相談することが重要です。尋常ではない状態がど れくらいの頻度で起こっているのか、1日のいつ起こっているのか、どんな状態なのか、を記 録して下さい。この情報を医師が得れば、あなたが表現しているものがどのタイプのてんかん であるのか、てんかんではないのかを診断するのに役立つでしょう。

目次に戻る


てんかんはどのように診断されるか?

発作がどんな様子だったのか、それが始まる直前に何があったのかについてのできるだけ詳しい 病歴は、医師にとって診断のための主要な情報になります。次に必要なものは脳波計(EEG) です。脳波計は、頭部に張り付けた小さな電極によって拾い上げた脳波を記録するための装置 です。脳細胞からの電気信号は、この装置によって波として記録されます。発作の最中あるい は発作と発作の間の脳波は特別なパターンを示すので、ある人がてんかんを持っているのかどう かを医師が診断する際に役立ちます。CTスキャンやMRIのような画像解析法は、発作の原因とな り得るような脳の何かの増殖、斑痕、あるいはその他の状態を調べるために使われます。 数カ所の研究センターではPET(positron emission tomography)が発作を生じさせる脳の部 分を特定するのに使われています。

目次に戻る


てんかんかどうかは脳波で必ず分かるか?

脳波はてんかんの徴候を必ず示すとは限りません。なぜなら、脳活動の電気的な混乱は脳の深い 部分で発生するので、頭蓋の上に置かれた電極からは記録できないからです。また、脳波を記録 している最中に発作を起こすような、電気的エネルギーの突発的な発生のような典型的なものが、 脳波の記録中に現れないかも知れません。必要な場合には、24時間脳波記録が行われ、その方法 以外では見落としてしまうようなてんかんの症状を拾い上げます。

目次に戻る


発作はどのようにすれば防げるか?

てんかんを持つ人々は、処方された薬をきちんと飲み、規則正しい睡眠を維持し、ストレスを 避け、医師の近くで働く事が、発作をコントロールするのに役立つでしょう。定期的に薬の効果 を検査し定期的に診察を受けることも大切です。しかしながら、考えられるあらゆることをやっても、 発作が起こるかも知れません。

目次に戻る


PET というのはどういうものか?

PET Positron-emission Tomography は画像診断の技術で、これを使って脳の代謝の情報を 得ることができます。脳がどのように見えるのか、つまり脳の構造を表示するCTやMRIとは違って、 PETは脳の化学的な活動を表示します。脳の最も活動している部分はグルコースを最も消費します。 それで、放射性グルコース溶液を患者の腕に注射して、脳のどの部分が最も活動しているかをPETで 検知することができます。発作の最中は発作を起こしている領域は非常に活性が高く、発作を起こして いない場合には予想よりも活性が低くなります。このタイプの画像診断は、発作が脳のどこから 始まっているのかを正確に決定するのに役立つでしょう。

目次に戻る


MRIとは何か?

MRI Magnetic Resonance Imaging は脳の構造の画像を撮り、構造的な異常を検知するための 一つの方法です。テストの間は、患者の頭部を特別に設計された磁場を持つドーナッツ型の 装置の中に横たえます。この装置は、体や脳の中の様々な種類の組織を画像として表示する ために、電磁波と磁場を用います。てんかんを持つ人の場合は、発作を起こさせる ような腫瘍やその他の傷を検知したり、その他の脳の異常を見つけるためにMRIが使われます。

目次に戻る


てんかんは治るか?

ある人、特に子どもや青少年では、発作が数年間無くなったら、薬物治療から解放されるでしょう。 薬物の中止は、医師の指示に従って何日もかけてゆっくりと行われます。発作あるいは発作の徴候、 例えば予兆とか、目の前が真っ暗になるとか、意識が欠落するなどが4,5年間無い人は、薬物の中止 の危険性と利点について医師に相談したら良いでしょう。

目次に戻る


てんかんはどんな治療をするのか?

てんかんの治療には、薬物療法、外科的治療、特殊なダイエット療法があります。これらの治療 の中で、薬物療法が最も一般的で、通常最初に試みられます。現在、多数の薬物がてんかん治療 に使われています。それらの薬物は異なるタイプの発作をコントロールします。医師は可能な限り 1種類の薬でコントロールしようとしますが、複数のタイプの発作を持つ人は2種類以上の薬を 飲まなければならないかもしれません。発作を抑制する薬(抗てんかん薬あるいは抗けいれん剤) は、体の中である一定レベル以上になるまで効果が現れませんから、そのレベルを維持しなけ ればなりません。いつどれだけ飲んだら良いのかについて、医師の指示に注意深く従うのは とても大切なことです。最終的な目標は、発作を抑制するのに十分な、しかし、眠気やその他の 好ましくない副作用を生じさせないようなレベルの血中濃度を維持すること、になります。

目次に戻る


熱性けいれんとは何か?

熱性けいれんは高熱が原因で乳幼児に起こる発作のことを言います。通常けいれんです。熱のある 時だけ発作が起こる子や、二度と発作を起こさない子もいますが、熱が無くても発作が起こるように なってしまう、つまりてんかんに移行する場合もあります。

目次に戻る


熱性けいれんを避けられるか?

熱性けいれんは、しばしば熱を下げることで避けることができます。薄着をさせて、水分を たくさん与え、暖めてあげます。医師の指示に従って解熱剤を与え、室温の水を含ませたタオルで拭い てあげると、熱のある子供に有効かもしれません。しかし、子供の熱はしばしば急激に上がり、熱を 避ける手だてが無いことがあり、それが発作を引き起こします。もし発作が起こったら、すぐに医師 に見せるべきです。

目次に戻る


大発作の救急手当はどうすればいいか?

意識を失い、倒れて硬直し、けいれんを起こしている発作を見ると恐怖を感じるかも知れません。 しかし、発作はわずか1ないし2分しか続かないこと、このタイプの発作への救急手当はとても 簡単であることを、覚えておくことが大切です。発作が自然に止まるまでその人を安全に保護します。 脳には発作を起こさせる電気的な混乱の発生を終わらせ、正常な機能に戻すようなメカニズムが 本来備わっています。

全般発作(大発作)を起こしている人に対する救急手当について、 覚えておくべき要点がいくつかあります。

目次に戻る


だれか発作を起こしたら救急車をよぶべきか?

もし、その人がてんかんを持っていることをあなたが知っていて、その発作が数分で終わり 状態も良く怪我もしていないようだったら、通常は救急車を呼ぶ必要はありません。救急車 で不必要に病院へ運ぶのは、てんかんを持つ人には大変な出費になります。しかしながら、 てんかんをもっていない人が発作を起こした場合は、重大な病気の徴候である可能性が あります。ですから、次の場合は救急車を呼んだ方が良いでしょう。

目次に戻る


部分発作の応急手当はどうしたらいいか?

部分発作の応急手当も同じように簡単です。自分がどこにいるのか、自分の回りで 何が起こっているのかが一時的に分からなくなっている人を、その間危険から遠ざ ける、ということになります。

もし、だれかが複雑部分発作で異常な行動をとり意識が変化しているような場合の 最善の方法は

目次に戻る


【診断と治療--薬物療法】


正しいてんかん薬を見つけるのになぜ長い時間がかかるのか?

ちょうど、体の中にはいる食物、野菜や果物、あるいはその他の物質と同じように、薬の作用は人 によって作用が異なるのです。ある人は、ある抗てんかん薬に対して副作用を経験するのに、別の 人は経験しない。ある人は、すぐ発作をコントロールできるようになるのに、隣の人はコントロール できない。ある薬は有効な血中濃度(つまり、発作を抑制するレベル)に他の薬より 速やかに達する。ですから、薬の選択やその量が決まるまでは暫く時間がかかる事があるの です。抗てんかん薬の量を増やせば発作の回数を減らすことができるでしょうが、人によって はその薬に伴う副作用も増加してしまう場合があります。医師は、薬物を処方する時に、 そのバランスを取ろうと努めます。患者の発作をできるだけ抑制し副作用を最小限に抑えよう と努力するのです。

目次に戻る


血中濃度をなぜ測定するのか?

治療方針を実行する際に、血液の中の発作抑制薬物の測定が行われます。なぜなら、 薬物の取り込みが人によって異なり、同じ量の薬物を服用しているのに人によって 血中濃度が異なり得るからです。発作がうまくコントロールされている場合でも、臨床的 な変化が起こった場合や、患者が他の薬物を服用しなければならなくなった場合には、 血中濃度を測ります。もし、発作がうまくコントロールされていたのに突然再発した 時には、その変化が起こった原因を見つけるための、様々なテストの一つとして 血中濃度を測定します。もし、薬物の血中濃度が著しく低い場合には、医師は 服用量を増量させるでしょう。もし、その濃度が高すぎる場合には、患者は、 眠気や混乱のような好ましくない副作用にみまわれます。この場合には、量を減らすか 別の薬物に換えることになるでしょう。

目次に戻る

てんかん薬には副作用があるか?

全ての薬物と同様に、抗てんかん薬は何らかの副作用があります。どれくらい問題に なるかは、どれだけの量服用しているのかにも関連して、人によって異なります。 例外はありますが、抗てんかん薬に伴う副作用は穏やかで、使い始めた最初の頃に 起きる傾向があります。副作用の可能性は医師にいつでも尋ねるべきでしょう。抗てんかん 薬の治療中に内科的なあるいは精神的な変化が起こったら、直ちに医師に相談すべきです。

目次に戻る


抗てんかん薬で起こる可能性のある副作用はどんなものか?

薬物のタイプによりますが、一般的な副作用は、眠気、平衡感覚、複視、怒りっぽくなる、 吐き気、発疹、顔つきが丸くなる、体毛の増加、不器用、歯肉の増殖、子供の多動、など です。ある薬物はそれまでよりも発作の回数を増加させることがあります。ある副作用は 明らかに投与量が多い時にだけ起こり、ある副作用は治療開始時に起こりやすく、患者が それに慣れると消失します。またある副作用はアレルギーに良く似たものになります。 少数ですが薬物療法に対して強い反応を示す人もおり、全く問題ない人もいます。

目次に戻る


どんな副作用が深刻なのか?

ある薬はしばしば血球に対する作用のために特別な注意を払う必要があります。発熱しやすく、 喉の炎症、口内の潰瘍、傷つきやすくなる、あるいは皮下の点状出血、あるいは身体の状態の変化 などは、すぐに医師に伝えるべきです。

目次に戻る


薬の相互作用は抗てんかん薬の効果を変えてしまうか?

しばしば、ある薬物の服用が、無関係な医学的な問題のために、抗てんかん薬の効果を増加させ たり減少させたりして、副作用を引き起こしたり、発作を再発させます。この現象を薬の相互作用 と言い、医師新しく薬物を処方するた時には、必ず他に何の薬物 を服用しているかを尋ねるのはこのためです。薬局で市販薬を買う場合には、抗てんかん薬との間で 好ましくない相互作用を生じないかどうかを薬剤師に尋ねるべきです。

目次に戻る


メーカーによって薬の効力に差があるか?

最も一般的な抗てんかん薬の多くは、ノーブランド generic forms で市販されているものを買うこと ができます。ノーブランドの薬物は標準の製品と化学的には全く同じなのですが、その製法によって 錠剤やカプセルが溶けて吸収され効果が現れるまでの時間が異なるかもしれません。体が薬物をいかに 早く利用できるかは、その服用量と服用の頻度によって変わります。ですから、医師に相談しない であるメーカーから別のメーカーに変えるべきではありません。これらの製品の使用法は、標準 ブランドを患者が使うことを想定しての処方です。医師は、あるメーカーから別のメーカーに変える 時には、血中濃度を注意深く測定することを望むでしょう。
(訳註:日本では、医師は製品名で処方するので、この問題は発生しないと思われます。ただし、 薬の形態で効き方が異なる事は、知っておくべきでしょう。)

目次に戻る


薬物療法はなぜ自己責任と言われるのか?

抗てんかん薬の治療を成功させるためには、腕の立つ医師による治療だけではだめなのです。患者の 積極的な参加が必要なのです。抗てんかん薬は、それを処方された通りに規則的に服用する 大多数の人々においてのみ発作を抑制することが可能になります。てんかんを持つ人々の少なくとも およそ50%は、長期間発作を完全に抑制することができるようになります。多くは、全く発作を起こさ ずに何年も過ごすことができます。30%の人々は発作を減らすことができます。不幸にして、治療を 受けていても非常に頻繁に起こる発作を抑制できない患者もいます。てんかんをコントロールする 正しい薬の調合が見つけられないのです。しかし、いずれ研究によって新しい薬が開発され、それら を使う新しい方法が見出されて、てんかんを持つ全ての人が発作から解放されるでしょう。希望を持って 下さい。

目次に戻る


子供ではどれくらいの期間抗てんかん薬を服用しなければならないか?

発作を早期に発見し、抗てんかん薬によって規則的に継続的に治療すれば、てんかんを持っていても、最善の 正常な子供時代と将来を期待できるでしょう。子供は、多くの場合、同じ薬物で治療を受けますが、成人 の服用とは違いがあります。成人と同様に、子供は発作がうまくコントロールされていても薬を服用し 続けなければなりません。発作が無いことは薬物療法で効果があがっていることを意味しています。 薬をやめた後でも、もう発作が起こらなくなる子供もいます。

目次に戻る


受診はなぜ大切なのか?

子供は成長し体重も増えますから、最初の抗てんかん薬の処方量では発作を抑制できなくなるでしょう。 ですから、子供の状態が良好で発作が無くても、定期的な受診は重要なのです。

目次に戻る


抗てんかん薬と成長

子供の成長とともにたくさんの身体的な変化が起きるので、発作が無かった 子供に発作が再発することは無いわけではありません。これは、薬物療法の 効果が無かったとか状態が悪化したという意味ではありません。医学的な 注意が払われるべきですし、問題の解決のために服用量が変更されるでしょう。

目次に戻る


てんかんの薬物治療で未成年者はなぜ突然眠気を起こすのか?

薬物を処理するプロセスの体の仕組みが子供と大人では異なるために、発作をコントロールす るための抗てんかん薬のKg当たりの量が、平均的な大人よりも平均的な子供の方が相対的に多 いのです。思春期の初期には身体が子供から大人へ化学的に変化 します。数カ月の間に新しく成熟した青年では、自分の体が処理可能な量 以上に摂取していることが突然明らかになります。そして眠気を来たし、医師が 薬物治療を調整するまで、学習が困難になるかも知れません。

目次に戻る


子供はいつから時間通りに服用させるようにするべきか?

多くの場合、子供によります。しかしながら、子供はできるだけ早く自分の 薬を自分自身で服用できるようにするべきだと、多くの専門家は言います。 多くの場合、 その事は彼らに大人になった自覚を与えますし、自分自身の状態 をコントロールするという感覚を与えます。いつ、子供に全く自分の責任にし てしまうのかは、成熟の度合いと知的な水準に基づくべきでしょう。

目次に戻る


フェノバルビタールは子供の行動に影響するか?

ある子供は、フェノバルビタールで多動、いらいらした行動を起こすかもしれ ません。また、作業能力が損なわれる子供がいるかもしれません。もし、このよう な問題が学校や家庭で生じた場合には、服用量の変更が可能か、別の薬に変更 できないかについて医師に相談して下さい。

目次に戻る


フェニトインと歯科的な配慮

フェニトイン(Dilantin)は、しばしば子供の歯肉増殖を来します。その程度は軽度 から重度の場合まであります。大変注意深いブラッシング、デンタル・フロスの 規則的な使用、歯科医による専門的なクリーニングを頻繁に行う、などで最小限に 留めることができるでしょう。歯肉増殖がひどくなった場合には、外科的に 切除することもできます。

目次に戻る


薬はいつ飲んだらいいか?

子供(あるいは大人)に薬が処方された時に、医師に食前、食中、食後にすべきかを 尋ねるべきです。胃が空の時に飲むと、胃の不調を来す可能性があります。

目次に戻る


抗てんかん薬は中毒になりやすいか?

親は、抗てんかん薬を 服用する子供が中毒(耽溺)になったり、他の人よりいわゆ る薬物中毒になりやすくなるのではと、しばしば心配します。どんな薬でも濫用の対象になり 得ますが、てんかんを持つ若い人が抗てんかん薬を濫用の対象にしたり、他の薬物の濫用を 引き起こしやすかったりという事は明らかになっていません。実際、てんかんを持つ未成年 者の一部は、多量に服用するという手段よりむしろ薬を服用しないという手段で反抗するのが、 一般的です。

目次に戻る


妊娠中の抗てんかん薬は体に有害か?

てんかんを持つ女性はてんかんを持っていること、あるいは発作を抑えるために飲んでいる 薬が、赤ちゃんに先天性異常を生じさせないかとしばしば心配します。幸いにも、てんかん をもつ圧倒的大多数の女性が正常な健康な赤ちゃんを出産します。 しかしながら、先天性異常を持つ赤ちゃんが生まれる危険性は、全ての女性が直面する危険 性の2から3倍になるのです(2%に対して4 - 6%)。このように高くなる原因はよく 分かっていません。影響を受けやすい人に対する薬物療法の影響の可能性もあります。 分かっていることは、幾つかの薬物を非常に高いレベルで使うと高い危険性があると いうことです。妊娠初期に特別なビタミンや葉酸を取りながら、補助的なダイエット をすることで脊椎二分症 spina bifida や他の状態の危険を減らせるかも知れません。 多くの先天性異常は妊娠初期に発生しますから、女性が、現在受けている薬物療法とそ の必要性について、妊娠する前に医師と相談することは常に大変良いことです。てんかん 薬を服用している最中に妊娠したことが分かった女性は、パニックに陥ったり、突然 薬を止めたりしてはいけません。そのようなことをすると、重度の抑制不可能な発作が 起こり、母体と子供を傷つけることになるかも知れません。多くの場合、医師は、 妊娠中に薬物療法を継続しないことを薦めないでしょう。なぜなら、発作は女性自身も 赤ちゃんも傷つける可能性がありますから、それでも発作を抑制する必要があるからです。

目次に戻る


妊娠中は発作が増えるか?

妊娠中に発作が増加する人もいますし、少なくなる人もいます。また、妊娠しても 発作の頻度が全く変わらない人もいます。

目次に戻る


てんかんを持つ女性が避妊用ピルを飲んでも大丈夫か?

大部分のてんかんを持つ女性は普通の避妊用ピルを使うことができます。しかしながら、 避妊用ピルを使った場合、発作が変わって来るのに気が付くかも知れません。多分、 水分の貯留かその他の理由によるものでしょう。もし、発作が増えるようなら、 別の避妊のやり方が望ましいかどうか、医師に調べて貰うべきでしょう。 いくつかのてんかん薬は、インプラント(埋め込み)法も含めた避妊薬のホルモンと相互作用 して効果が減退する可能性もあります。避妊薬を処方する医師が、女性が抗てんかん薬を 服用していることを知っているなら、痙攣薬の効果を損なわないホルモンのレベルに なるように処方することが可能でしょう。

目次に戻る


てんかん薬を服用していても飲酒していいか?

神経科医の多くは、抗てんかん薬服用者は全く飲酒しないことを薦めますが、 適度のアルコールに対して寛容であるべきだと力説する人もいます。アルコールも薬物も中枢神 経系を抑制しますから、その療法を使う場合には細かな注意を払うべきことは言うまでもあり ません。ある量のアルコールはフェノバルビタールのような鎮静作用のある薬と混合する のは危険です。加えて、多量のアルコールは発作を引き起こす可能性がありますから、適度と いうのは大切なことです。飲酒するにしてもしないにしても、抗てんかん薬を 服用し続けるのは大切なことです。アルコールに関して医師に確認するのはいい考えです。 あなたが服用している薬がビールや、ワイン、あるいは強いアルコール飲料とどの程度 作用するのか質問して確かめましょう。

目次に戻る


違法な薬物は発作を引き起こすか?

違法な薬物の使用は、てんかんを持つ人にとって特に浅はかな行為です。なぜなら、 抗てんかん薬と相互作用を起こすからです。それ自体が発作を引き起こすかもしれ ないし、不純物や添加物が発作の危険を増加させるかもしれません。 大麻は発作を起こすばかりか、予測不可能な反応を引き起こす物質も含んでいる可能性が あると研究で報告されています。コカインとPCPは、てんかんでは無い人でさえ発作を 起こすことが知られています。ですから、発作失調を既に持っている人にとっては特に その危険が高くなるとみなすべきでしょう。

目次に戻る


てんかん薬はてんかんを直すことができるか?

ペニシリンが感染症を治すというのと同じ意味では、薬物はてんかんを治すことは できません。しかし、てんかんを持つ人々の多くは、薬をきちんと服用する限り 発作を無くすか回数を減らすことができます。患者によっては、特に子供や未成年では、 医師は完全な発作抑制後に一定期間を置いてから徐々に薬物を中止するかも しれません。薬物療法を行わないでも発作の無いままでいられる人もいますが、 発作が再発する人もいます。ですから、てんかんを持つ多くの人にとって、 抗てんかん薬の服用は何年も続けなければならないことになるでしょう。

目次に戻る


抗てんかん薬に対して薬物中毒になるか?

多くの人が抗てんかん薬に対して中毒(耽溺)になる可能性があるかどうかに ついて興味を持っています。通常の意味では中毒になることはありません。 てんかんに対する薬を服用している人は、発作を避けるためにその薬に 依存しており、もしその薬の服用を突然やめると発作を起こしたりするばかりか 発作重積まで起こすかもしれません。しかし、薬物療法は「ハイ」な気分を 生じたり、その意味で中毒になったりするように多量処方されることは ありません。

目次に戻る


単剤療法とは何か?

多くの人はたった一種類の薬の服用で、より少ない副作用で発作のコントロール ができます(単剤治療)。しかしながら、発作がひどくコントロールが難しいために 2種類以上の薬が必要な人もいます(多剤治療)。

目次に戻る


有効血中濃度とは?

経口で摂取された抗てんかん薬は患者の血液中に現れます。薬物は治療効果の ためには、血中にある一定レベル量存在する必要があることが研究からわかっています。 「有効血中濃度」とはその薬物を服用する大多数の人が発作を抑制できる血中濃度の 上限と下限と定義されます。そのレベル以下では無効でそれ以上では有毒で副作用を 起こすでしょう。しかしながら、人によっては、通常の有効濃度の範囲より上あるいは 下で最適な効果を得る場合があります。これらの範囲はガイドラインとしてのもの であり、絶対に服用量を上げたり下げたりしなければならないということを意味して いるのではありません。

目次に戻る


血中濃度はどれくらいの頻度で測る必要があるか?

血中濃度は、抗てんかん薬が血液中にどれだけの量あるのかを知 るために測定されます。医師は薬が処方された通りに服用されているかどうかをチェックす るためや発作をコント ロールできない理由を見つけるために、血中濃度の検査を指示するでしょう。また、 薬の種類を増やしたり変えたり、あるいは患者の状態が変化した時にも血中濃度の測定を 指示するでしょう。

目次に戻る


抗てんかん薬は互いに作用し合うことがあるのか?

はい。患者が服用した薬は生体によって処理され排泄されます。2種類以上の薬が服用された 場合、生体は全ての薬を同時に処理しなければなりません。このことは、生体が薬を 処理する方法に影響を与えますし患者の状態にも影響します。抗てんかん薬を加えた 場合と同様に、他の薬物でも抗てんかん薬の血中レベルに影響を与える可能性があ ります。第2の抗てんかん薬を加えて副作用が起こった場合は、患者はそのことを医師に 伝えるべきです。

目次に戻る


抗てんかん薬の長期的な副作用は何か?

てんかんを持つ多くの人々は、長期的な問題が無いまま何年も抗てんかん薬を服用します。 長期的な副作用が起こるのは、大部分は、貧血、美容上の変化、神経の損傷のうちの1つ か複数です。抗てんかん薬を含めて全ての薬は、その恩恵と危険をよく知っている医師が 処方すべきで、服用する限りきちんとモニターされるべきです。

目次に戻る


自分の服用している抗てんかん薬についてもっと知りたい時には?

処方されている薬について詳しい情報はPhysician's Desk Reference and USP DI のような本で得ることができます。これらは公共の図書館、薬局あるいは医師のオフィスで 利用できる標準的な参考書です。他の薬についての本も利用できるかも知れません。 これらの出版物でも分からないような特別な質問については、製薬会社、 医師、あるいは薬剤師に尋ねてもいいかも知れません。抗てんかん薬治療 (あるいは何か新しい種類の薬を加えた)に伴う健康や精神状態の変化を経験し たことがある人は、医師にその変化を報告するべきです。 (訳注:日本では てんかんの 薬物療法(日本てんかん協会編) 再考・てんかんとくすり(武井 満 著)など が出版されています)

目次に戻る


薬が効かない時には、どんな治療法があるのか?

現在アメリカでは多数の薬がてんかん治療薬として認められています。 発作のタイプの他に、考慮されなければならない要因(患者の年齢のような)に基づいて 医師は選択します。薬によってコントロールできる発作のタイプが異なりますから、 てんかんを持つ人に対する処方において最も重要な要因ということになります。 人によっては、薬が発作をコントロールできなかったり受容できない副作用を起こしたり する場合があります。そのような問題をかかえる患者は医師とそのことを相談するべきです。 違う薬にもっとよく反応するかも知れないし、よりきちんとした発作タイプの評価が できるかも知れません。幼児期や成人のてんかんのあるケースでは、ケトン食療法が 試みられるかもしれませんし、現在利用可能な薬のどれでも発作がコントロールできない 場合には子供あるいは大人で手術が検討されるかも知れません。

目次に戻る


てんかん治療ではどんな種類の手術が行われるか?

他の方法ではコントロールできない発作の治療に用いられる脳外科手術には4つのタイプが あります。1つは脳葉切除術 lobectomyとよばれ、発作がそこから起こる一つの領域と確認 された領域を取り除くものです。2つめは、脳梁離断術corpus collosotomyとよばれ、突発 的な強い電気的変化が一方の半球からもう一方へ移動する時に起こる脱力発作を抑制するために、 脳半球を分離するための手術です。3つめの手術は、半球切除術 hemispherectomyとよばれ、 脳の半分を大部分除去してしまうものです。4つめはMSP multiple subpial transectionと よばれ、安全に除去できない脳の領域の中の神経細胞間の接続を切るために用いられる 方法です。これらの4つの中で 脳葉切除術が最もよく行われ、最も成功例が多いのです。 しかしながら、発作の活動の場所が、言語や記憶、視覚などの他の重要な機能を 行っている場所ではない場合にだけ行われます。

目次に戻る


薬を変更する理由は?

医師が薬の量あるいは種類を変えるように指示するのにはいくつか理由があります。 副作用を最小限に抑えるためか、ある期間発作が無い人が薬を止めてしまっても 大丈夫かどうかを見るためかも知れません。発作のコントロールを改善するために 服用量が増加されるかもしれません。発作のコントロールがうまく行かなかったり、 受け入れられないような副作用、あるいはタイプの異なる発作が起こった、など の理由で、医師は違う薬に変更したいと思うかも知れません。気を付けなければな らないのは、そのような変更の際に発作が再発する可能性があることで、新しい治 療が安定するまでは医師のすぐ近くで働く事が重要です。

目次に戻る


ケトン食療法とは何か?

ケトン食療法は非常に高い脂肪と低い炭水化物食を含む食事療法で、てんかんの治療と して使われる場合があります。ケトン食療法は、ケトーシスと呼ばれる化学的な体の状態を 作り出しますが、人によっては、特に子供では発作が抑制できる可能性があります。 ケトン食療法は、普通、薬物療法で効果が認められなかったら試みられます。この療法は、 食べる食物の種類を変え、標準のダイエット食に特殊なタイプの油を加えます。他のてんかん 治療と同様に、医師によって処方され観察されなければなりません。大変厳密な食事療法ですから、 うまく行くためには家族全体の強い協力が必要です。子供によってはこの療法が劇的な 効果を上げます。しかし残念ながら、他のてんかん治療と同様に、家族が指示に正確に忠実に 従った場合でも全ての子供達に有効というわけでは無いのです。

目次に戻る


バイオフィードバックはてんかんをコントロールするか?

数年前、バイオフィードバックbiofeedbackが発作をコントロールする手段として 提唱されたことがあります。その理屈は、発作を抑制するようなある種の 電気的なリズムを発生させることを脳が学習できる、というものです。 今日では、てんかんへのバイオフィードバックの利用は議論の余地があり、 発作に良く効くという証拠は見いだされていません。

目次に戻る


カイロプラクティック治療は発作を抑制するか?

現時点で、てんかん治療にカイロプラクティック治療を使う科学的 根拠は何もありません。脊髄神経のマイナーな干渉作用が発作を起こさせたり悪化 させうるということは、全く実証されていません。このことについてもっと議論し たいならあなたの医師に相談して下さい。

目次に戻る


民間療法は有効か?

私たちの文明では、どんな医療上の状態の治療も、多くのグループに属する人々による 注意深い記録の結果に基づいています。このアプローチは、コントロールされた環境下で、 ある物が多くの人々に対して有効に作用するのなら、他の人々にも有効に作用することが期待 できる、ということを前提にしています。民間薬、ハーブ、ビタミン大量療法や その他の非伝統的な療法は、通常はこのような厳格な評価を受けていません。ですから、それらが 本当に有効なのかあるいはお金を払うに値するかについて、何も科学的な証明は なされていないし、個人の責任が要求されます。それにもかかわらず、人によってはそれらのある 方法で具合がいいと感じたり発作が少なくなったりします。その療法が有害物質を含んでいず、 あるいは実行する時に危険を伴わないのならば、それが有効で、医師が反対せず、規則的な 服薬を続けるのであれば、反対する理由はありません。しかしながら、証明されていない アプローチに関しては、標準の薬をやめてしまうことは明らかに危険であり薦められ ません。

目次に戻る


てんかんへの生体論的治療法は有効ですか?

生体論的治療holistic medicineは、患者全体の健康と幸福を見ます。この意味においては、 全体としての個人の 幸福のために最善を尽くすという標準的なてんかん治療と少しも対立しません。健康で 活動的な生き方はてんかんの良薬です。しかし、常に、処方された抗てんかん薬が治療に加えられる べきで、それ無しではあり得ません。もし、本当のてんかんであると診断されたら、現在の所、 薬に対する耐性が無いか、ケトン食療法のような他の医学的な治療が処方 されるケース以外に、他の抗てんかん治療に代わるものはありません。

目次に戻る


カルニチン補給の処方をするべきか?

カルニチンcarnitineは生体の代謝とエネルギー産生にとって重要な、食物に含まれる 物質です。その主な供給源は肉と酪農製品です。ごく最近の医学的な研究によると、 ある個体ではカルニチン欠乏が生じているのが認められています。 不適当な酪農製品の摂取、体からのカルニチンの過剰な喪失、多くの希に起こる代謝 異常などのような、様々な条件下でカルニチン欠乏が起こるかも知れません。 これらの失調のあるものはてんかんを持つ子供にもあります。また、てんかん治療 のために使われるいくつかの薬物はカルニチンの血中濃度を正常よりも低下させてしまい ます。これは、発作薬を服用している人の少数にしか起こりませんし、これらの人の 大部分は何の症状もなく、低下したカルニチンレベルからの悪い影響の徴候が認められ ません。

現時点では、てんかんを治療している医師の間でも、研究者の間でもカルニチンの 低い血中濃度が何を意味するのか、あるいは、治療を要するのかについて共通する認識は 得られていません。ある人々はカルニチンレベルの低い人には補給すべきである と唱えています。また別の人々はカルニチンの補給の症例は示されていないし 高価なカルニチンは家族にとって不必要な重荷になるであろうことを指摘して います。この問題についてはもっと良く明らかになるまで、議論の残るところ です。

目次に戻る


【てんかんと生活】


てんかんを持つ人々は普通に生活を送れるか?

はい。てんかんを持つ数千の人々のうち何百人もの人々が、普通の生産的な生活を送り、 家族を養い、社会に貢献しています。発作がほとんどコントロールできずそれに付随 する問題を抱えている人々は、日々の活動でもっと大きな困難に直面しています。しかし、 彼らもまた、できる限り普通の生活を営もうと戦っています。彼らが持っている潜在的な能力 を十分に発揮するのをしばしば妨げているのは、他の人々の態度と偏見です。 しかしながら、友人、家族、医師、カウンセラー、そして支援グループは、みなてんか んを持つ人が充実した生活を営むよう勇気づけてくれるのです。

目次に戻る


てんかんはどうやって管理すればいいのか?

栄養のバランスのとれた食事を取り、処方された薬をきちんと 飲み、規則的な睡眠を維持し、ストレスをできるだけ避け、そしてかかりつけの医師 の近くで仕事することは、てんかんを持つ人の発作をコントロールするのに役立ちます。 定期的な医学的検診と継続的な受診は必ず必要です。

目次に戻る


特別なダイエットはてんかんに有効か?

 他の人と同様に、バランスのとれた食事をとることは大切です。てんかんを持つ人 はケトン食療法を処方されているのでない限り、特別な食事療法や制 限の必要はありません。もし、てんかんに加えて、例えば糖尿病やフェニールケトン 尿症などのように特別な食事療法を必要とするような疾患がある場合、またはそのような 症状がある場合は、それらの疾患に必要とされる食事療法に従うことが大切です。

目次に戻る


カルシウムとマグネシウムの欠乏が発作を招くか?

 もし、体内のカルシウムとマグネシウムが減少すれば発作が起こるかもしれません。 しかしながら、それらの物質に影響を与えるような何らかの異常がない限り、普通の食 事をしていれば問題は無いでしょう。カルシウムまたはマグネシ ウムの欠乏は新生児および幼児において起きがちで、それ以後は極めてまれです。 これらの疾患の診断は医師によるべきで、自己診断および治療は危険です。多く の場合、ビタミンとミネラルの追加的投与は必要なく、これらの物質により発作の コントロールが改善されることはありません。

目次に戻る


ビタミン療法はてんかんに有効か?

食物中に正常に含まれるビタミンの吸収あるいは利用する体の能力が、何か医学的な状態 のために妨げられているので無いのならば、てんかんを持つ多くの大部分の人では 特別なビタミンの必要はありません。自己流のビタミン大量療法は効果が無いばかりか 最悪の場合は有害になる可能性すらあります。

目次に戻る


ビタミンD、Kや葉酸の補給は必要か?

発作をコントロールする薬物は、ビタミンD、ビタミンK、および葉酸を使う体の 能力を妨害するかも知れません。これらの薬を服用する大部分の人にとっては、 その作用は穏やかで害を与えません。しかしながら、人によっては、特に 成長期の子供、妊娠中の女性、あるいは、食事が貧弱な人にはもっと強い影響が 現れます。医師は、これらの問題の全ての問題をチェックし、何か必要な ものを決定できるでしょう。

目次に戻る


ビタミンB6とマグネシウムの欠乏が発作を招くか?

ビタミンB6とマグネシウムの欠乏はまれに発作を引き起こしますが、医学的な アドバイスが無いのに、自己流でビタミン治療を試みるのは賢明な方法では ありません。発作を悪化させるかも知れません。時に、医師がビタミンを 補充的に処方することもありますが、発作を防ぐためというよりは、 貧弱な食事によるビタミン欠乏を補うためのものです。

目次に戻る


コーヒーや喫煙は発作に影響するか?

科学的に調べられた訳ではないのですが、コーヒーや喫煙は発作のコントロー ルには影響しないと考えられています。しかしながら、喫煙は健康に有害で あることが分かっていますから、その事だけでも避けるのが最善でしょう。

目次に戻る


性機能へのてんかんの影響

てんかんを持つ人は性機能に関する問題を持つことがあります。性機能不全は 性交がうまく行かなかったり、性的行為への根本的な興味や楽しみが無くなったり、 あるいはその両方が含まれます。研究によれば、発作、抗けいれん薬の影響、社会 心理学的な事柄が原因として考えられるとの結論に達しています。てんかん における性的不能の問題についてはもっと多くの学ぶべき事があり、 医師はその問題の治療に手助けできるでしょう。患者は泌尿器科医、セックス・ セラピストを含めて医師に楽な気持ちで相談するべきでしょう。

目次に戻る


てんかんを持つ人はスポーツが可能か?

多くの場合、てんかんを持つ人はスポーツに参加したり、他の激しく体を動かすような 活動に参加できます。多くは、発作のコントロールの程度、スポーツの種類、それに医師の 推奨によります。医師によっては、突然の意識喪失が怪我に結びつくようなスポ ーツや活動をするのを避けるように指示する人もいます。研究では、 活動状態にある方が、退屈していたりじっとしている時よりも発作が少ない らしいことを示唆しています。

目次に戻る


てんかんを持つ人が水泳をしても良いか?

てんかんを持つ人の水泳は、発作のコントロールと医師の推奨によります。 子供であれ大人であれ、安全に水泳するには信頼できる発作のコントロール状態が 必要ですが、てんかんがある事を知っていて、もし発作が起こった場合でも 助けられるような十分に水泳がうまい人が付き添うべきです。水のスポーツは てんかんを持っている場合には常に潜在的な危険が伴いますが、安全な予防策のために 適切な注意を払うのなら可能です。

目次に戻る


てんかんは学習障害を伴うか?

てんかんを持つ子供は、普通よりもIQが高い場合でさえ、しばしば普通の子供達 よりも高い率で学習障害を持ちやすいのです。しばしば起こる短時間の 欠神発作 やその他のタイプの発作は、学業をやりとげるには子供を疲れさせてしまうし、 注意力や記憶力に影響を与えるでしょう。発作をコントロールするための薬も 学習過程に影響するでしょう。発作と他の障害が合併している子供は学習が もっと困難になります。 学校で取り残されてしまった子供は、学校を通して 適切な評価を受ける資格があります。その評価に基づいて、学校と親は必要な 特別なサービスについて問題解決をはかるべきでしょう。親はまた、コント ロールできていない発作と薬の副作用を最小限にするために、医師と問題解決に 努めるべきでしょう。

目次に戻る


処理・学習・記憶

学習や記憶の障害はてんかんを持つ人を狼狽させる原因となります。薬は 時に、新しい情報の処理の能力を鈍らせたり記憶に影響を与えるでしょう。 発作自体は、それが脳のどの部分で発生したかによります。記憶の 手助けのためにメモやリストをというような簡単なアイデアを使う人も いるでしょう。もし、これらの問題が、患者の日々の生活を妨げたり、段々 悪化する場合には、医師に相談するべきです。

目次に戻る


てんかんを持つ人に記憶喪失が起こるのはなぜか?

てんかんを持つ人の記憶障害は、不安、薬、病気、成長の過程、前に受けた 脳の傷など様々な問題に起因します。抗てんかん薬は患者によって作用が異なる でしょう。治療、中毒用量のどちらの状態でも、記憶を含めた思考過程に影響 するでしょう。 しばしば発作それ自体を覚えていない、あるいは頻繁ではないが 短い発作を覚えていない人でも、記憶喪失が進んだとはみなされないでしょう。

目次に戻る


発作中に暴力的になるか?

発作を持っている人は、発作が進行している最中は自分の行動をコントロール することができませんから、誰かを故意に攻撃することは不可能です。威嚇するかの ように見える、腕を振り回したりする行動を起こす発作もまれにありますが、それでも ぎこちなく、目標が定まらず、容易に逃れられるような行動です。 複雑部分発作を 持つ人は、自動症の発作の最中に、その人を掴んだり押さえ込んだりすると無意識に殴りかかっ てくる事があります。そのような状態では、その人は傷つけようと意図しているという よりは、本能的に統制されていない滅茶苦茶なやり方で反応しているようです。

目次に戻る


アスパルテームが発作を誘発するか?

アスパルテーム(甘味物質)と発作の関係の可能性についての報告は2,3あります。 文献を評論する医学の専門家は、アスパルテームと発作の間に原因と結果を確定 しているような科学的論文は、現時点では無いとしています。アスパルテーム について疑問があるなら、かかりつけの医師に質問して下さい。

目次に戻る


三種混合ワクチン接種は発作を誘発するか?

現時点では、百日咳ワクチン接種がてんかんの原因となるとする信頼できる証拠はありま せん。三種混合ワクチンDPTの接種時に発熱する子供がおり、その中に短時間の 熱性けいれんを起こす子供がいますが、通常無害です。 百日咳による重篤な合併症(発作を起こしたり、あるいは死ぬことさえある) の高い危険性、さらにワクチン接種の義務制度を中止した国が経験した重大な 結果を考えると、予防接種はまだ推奨されるべきでしょう。もし、子供が最初の予防接種で 強い反応を示した場合は、次の接種をするべきかどうか、あるいは何時すべきかを 医師と相談するべきです。てんかんを持つ特別な子供への予防接種をするかしな いかは、治療している医師の判断によるべきです。

目次に戻る


妊娠と飲酒・喫煙

妊娠中の喫煙と飲酒は、処方された、あるいは処方されていない薬の服用、あるいは 違法な薬物の濫用と同様に、胎児に有害でしょう。過度の飲酒や薬物の服用は、出生後に 禁断症状を引き起こす可能性があります。この状態は乳児発作の原因になる事があり、 通常重篤で早期治療しないと致命的になる可能性があります。過度の飲酒は 胎児性アルコール症候群の原因となり知的障害を引き起こす可能性があります。 妊娠中の喫煙は早期出産で未熟児になるかもしれません。その結果、呼吸器系の 疾病を引き起こし低酸素症とそれによる発作を引き起こす可能性があります。

目次に戻る


雇用差別は違法か?

働く能力のある障害者の雇用に対する差別を禁止する特別法が通過した州では、 てんかん以外の全ての点で働く能力のある人を、てんかんを持っている事だけを理由に 雇用を拒否することは通常違法になります。アメリカ障害者法 The Americans with Disabilities Act (ADA)は、障害に基づく雇用差別は禁止してい ます。他の連邦法も、連邦機関、しかるべき連邦請負業者、てんかんを含めた障害を持 つ被雇用者を扱うための連邦基金を受給しているしかるべき雇用者に、雇用することを 要求しています。

目次に戻る


てんかんを持つ人に兵役は可能か?

てんかんを持つ若い人は徴兵のために登録することが要求されます。現在の 軍志願要領military enlistment standardsによると、てんかんの病歴を持つ 志願者は、5才を過ぎてから発作が無いか、あるいは、発作が完全にコントロール されていて、応募時から少なくとも5年以上前に薬を止めていることが条件で、 個々のケースで配慮されるでしょう。

目次に戻る


雇用者はてんかんを持つ人を採用するか?

てんかんを持つ人を雇うかどうかの決定は、仕事の絶対必要な機能を実行する上で、 てんかんが個人の能力に影響するかどうかだけに基づくべきです。ある人は 発作が無く、薬を服用している事以外は他の従業員と何等変わりありません。別の 人は、まだ発作があっても、その障害者に便宜をはかるために、実際にどのように 仕事を変更するべきか実行する上で、大変役に立つ存在となり得ます。それぞれの 人々の能力と限界は個人個人で考慮され、仕事の要求と合致するべきです。雇用者 は、仕事が決まるまでは健康に関する質問をすべきではなく、明らかに安全上の 問題が関係しているので無い限り、単に障害があるというだけで取り消してはなりま せん。連邦法と多くの州法は、仕事が可能な人が自分の障害を明らかにしているの であれば、雇用する事が甚だしい困難を生じない限り、その障害に対する 妥当な便宜を雇用者がはかるように要求しています。便宜とは、障害を持つ人が 仕事をできるようにするための仕事の変更を意味しています。

目次に戻る


てんかんがあっても保険に加入できるか?

多くは、保険のタイプ、その人の病歴、それに住んでいる州によります。歴史的には 保険会社はてんかんを持つ人が一般の人より危険が高いとみなして、生命、健康、 あるいは自動車への適用を嫌って来ました。多くの医療制度は、てんかんを含めて、 加入希望時に存在するある状態を持つひとを排除しているか、あるいは適用その ものが意味をなさないような高い掛け金を課しています。

目次に戻る


自動車保険、火災保険、損害保険の相談サービス

自動車保険、火災保険、損害保険に加入するための情報を提供している相談 サービスは以下番号で、月 - 金、午前9 - 午後5(東部時間)質問に応えて くれます。
l-800-331-9146 (トールフリー)
212/669-9200(ニューヨーク)

この相談サービスのスポンサーは
Insurance Information Institute,
located at 110 William Street,
New York, NY 10038.

目次に戻る


保険の適用について知るには?

どんなタイプの保険にせよ、最も安い掛け金(グループ保険が最も安い)で可能な 限り広い適用範囲で掛けておくのが良いでしょう。あちこち尋ねて、 グループ保険や何か特別メンバー制度が利用できないか調べましょう。個人経営の 保険屋も探すのに役に立ちます。てんかんの一般的なこととあなた自身の発作のタ イプと頻度について、担当者に教えて下さい。もし、口答で保険加入を拒否された ら、文書で回答を求めて下さい。これはあなたの決意をアピールするのに役立つ でしょう。いくつかの州では、「ハイ・リスク・プール制度」という、企業グループ、 時には州が保険を引き受ける共同出資制度で、全ての人に対して自動車についての適用 を保障する制度があります。また、いくつかの州では医療費に対して同様の利用ができ る適用サービスがあります。そのような制度では1年の費用が高 額になりますが、他では利用できない適用を受けることができます。収入の 非常に低いてんかんを持つ人の場合はMedicaid health care(州の規則によります)の 資格が得られるでしょう。しかし、Social Security Disability Income (SSDI、 障害者社会保障)を受けている人はMedicare制度による医療保障を受けることに なります。

目次に戻る


保険の適用を不当に拒否されたら?

全ての州に、その州の保険会社を監視する保険委員会があります。委員会は、州保険規則 と保険適用に関する権利についての疑問に答えてくれます。州の規則を変えるべきだと 思う場合は、州議会に変更を働きかけても良いでしょう。

目次に戻る


てんかんを持つ人への財政的支援は?

てんかんを持つ多くの人は自分自身や家族の面倒を見ることができます。しかし ながら、治療にもかかわらず普通ではない激烈な発作の問題を抱え、そのために 働くことができない人々は、障害を持つ人に収入を与えるための次の2つの政府の制度 のどちらかの資格を得ることができます。一つは、Supplemental Security Income (SSI、補助的収入保障)で、貯蓄、収入、あるいは資産が極めて少ない 人のための制度です。もう一つはSocial Security Disability Insurance (SSDI、障害者社会保障保険) です。これはSocial Security(社会保障)システム の一環で、ある一定期間仕事に就き、本人その親が所得控除を受けて社会保障 に寄与している人のための制度です。どちらのケースでも、申請者は発作のために 仕事ができないという事を提示しなければなりません。これらの制度の情報は、 最寄りの社会保障事務所で得られます。最寄りのEFA加盟団体も、低価格薬、 公共交通機関の割引、および低支出で生活するための手続きについての情報を 提供できるでしょう。

目次に戻る


てんかんを持つ人は運転免許を取得できるか?

はい、もし発作がコントロールされているなら、つまりある期間発作が全く無ければ 取得できます。いくつかの州では、睡眠時だけの発作、意識に影響しない発作、あるい は長い警告的な感覚(予兆)があってから起こる発作については対象としません。 発作の無い期間がどれだけ必要かについてはそれぞれの州法によります。3ヶ月から 1年の間が多いようです。多くの場合、法的には、医師が自分の患者であることと 治療がうまく行っていることを示した文書が必要です。てんかんを持つ数千の人々 が素晴らしい運転歴を持っています。しかし、発作をまだ持っている人は、その州 の法で資格を得られるまでは、運転すべきではありません。いくつかの州では、 Department of Motor Vehicles で免許の申請をする時にてんかんであることを明らか にしないと刑事罰あるいは 罰金を課せられます。もし事故を起こしたら、そして発作 があることが明らかになっ たら、刑事罰か無謀運転の罰金が課せられるでしょう。
(訳注:日本では自動車運転免許取得上「てんかん」は絶対欠格事由でしたが、2002年 6月に改正されました。詳しくは、 こちら をご覧下さい。)

目次に戻る


JEPNETホームページへ| 先頭に戻る

The Epilepsy Foundation of America
4351 Garden City Drive
Landover, MD 20785-4941
Local Phone: (301) 459-3700
Toll Free: (800) EFA-1000
Fax: (301) 577-2684