在宅障害者のいのちと暮らしを保障する制度の確立を

−大分での親子心中事件とてんかん問題に関する声明−

社団法人日本てんかん協会九州ブロック協議会  
福岡県支部   
長崎県支部   
熊本県支部   
大分県支部   
宮崎県支部   
鹿児島県支部  
沖縄県支部   

 去る7月に大分で重度の障害をもった45歳の子どもと母親が心中を図り、親は未 遂になり、刑事被告人として法廷に立っています。親は、知的障害と発作の多い子ど もと施設利用を含めて考えてきたが、親自身の病気入院が必要になり心中に至ったと いわれています。似たような事件がその後も続いております。とりわけ、大分の事件 ではてんかん発作が多く、多量の薬を服薬していたということです。私たちは、在宅 障害者がおかれている現状の上に、てんかんをもつ人々の辛苦が重なっているものと 考えます。

 こうした問題の中心は、障害者と親が安心して暮らせる仕組みが整っていないこと です。次のような問題が背景にあると考えます。

 こうした問題を繰り返さないと何度も言われ、いまだ解決の希望を私たちは持つこ とができません。「国連・障害者の10年」以降、ノーマライゼーションという考え 方が広がりつつありますが、わが国の根底にはこのような事件を断つことがことがで きない構造があります。「完全参加と平等」の理念の具体化のために、私たちは自ら の尊厳を守るためにも、てんかんをもつ人々への施策の確立を求めていくことを改め て誓います。

1998年10月31日



Last Updated Feb.15.2001
[ 前のページへ]