Kyoukasyo Mondai [sokuhou1]

社団法人日本てんかん協会機関誌「波」第17巻9号 1993年9月

【緊急速報第2報】

高校教科書問題

-角川書店より全面拒否・陳謝要求の回答書が届く-

 来年度採用予定の教科書(角川書店発行・高校「国語I」)に、てんかんに対する誤解と偏見を基礎に作られた作品(筒井康隆作・無人警察)が所載されていることが判明し、協会が全国的な抗議行動を行ったことは、前月号の機関誌「波」で詳しくご報告したとおりです。

 その後、角川書店からは何の連絡もなく、8月5日の夕刻、文部省記者クラブの幹事社であるNHK・社会部の等々力記者のご連絡により、その日に角川書店は「回答書」を出したこと、そして明午後四時より、記者クラブで記者会見を行うことを知りました。記者はさらに、この「回答書」に対する協会の「見解」を、5時半までに文書で発表いただきたい、と要望されました。そこで、角川書店(船橋部長) にお電話し、FAXでの送信を依頼しました。氏は、即座にご快諾いただきましたが、その日はもちろん、結局最後までFAXでは送信されませんでした。角川書店の不誠実さは、ここに極まれりという感です。

 翌六日午前11時ごろ、角川書店とやり取りを行ってる最中に、「配達証明付」の普通便で、その「回答書」が届きました。筒井康隆氏の「覚書」も添付されています。そこで、全国の役員にFAXで送信し、ご意見を求め、高橋会長の手によってまとめられたのが左のページの「見解」です。五時半より、 記者クラブで反論の会見を行い、この「見解」を配布しました。

 協会は、「回答書」に対して、きちんとした「反論書」を出すとともに、強力な行動を予定し、討議しています。皆様の「回答書」「覚書」そして協会の行動についてのご意見と、今後の協会の対応についてのご提案をお寄せ下 さい。(文責/松友)


Last Updated Sep.24.97
[ 前のページへ]