Kyoukasyo Mondai [shokan2]

94年10月18日

筒井康隆 殿

社団法人日本てんかん協会会長 鈴木勇二

「ご要望」にお答えします。

 私たちの要望に対してご丁寧な御返事を賜り、厚く御礼申し上げ ます。私たちの要望の趣旨をご理解いただけたものと考え、大変嬉 しく思います。また、「表現が差別を助長するか否かという問題と 文学論がかみ合わない」ということも理解することができます。 (それゆえに私たちは、今回の問題を教科書掲載に限定してきたの です。)

 もちろん、私たちが提起した「差別を助長する表現」ということに 関しては、貴殿は認められていない、ということは承知しています。 ご指摘のとおり問題の所在は、憲法における<表現の自由>と<公共 の福祉>の対立・緊張であると考えます。それゆえ、作家(表現者) である貴殿と社会啓発活動を進める団体である私たちとの間で認識の ズレがあり、紛争が発生したものと言えます。(正しく述べれば、紛 争は<作者>との間ではなく、<教科書の編集者・発行者>との間で 存在した、と私たちはこれまで考えてきましたが。)

 しかしながら、このようなズレを前提としながらも、また後に触れ る貴殿のご「要望」を前提としながらも、「無人警察」を教科書から 削除することをご考慮いただくことに、また協議が円満に解決した際 には、その旨を角川書店に要求することをご明言いただきましたこと に、心より感謝申し上げます。いったん検定に通った教科書から作品 を削除することがいかに困難であるかは、貴殿のご説明で十分に理解 することができました。そのうえで、予想外の「事故」を避けるため に、貴殿がご努力いただく決意をお示し下さいましたことに対し、私 たちは貴殿の誠意と角川書店及び文部省の良識を信頼し、期待したい と考えます。

 さて、教科書より「無人警察」を削除することを角川書店へ要求す る前提として、貴殿は「作品の批判は自由だが、削除や訂正などを要求 した公的な抗議は今後行わないで戴きたい」と要望され、私たちの回答 を求められております。この点に関して、以下のようにお答えいたしま す。

 まず第一は、私たちは今回においても、教科書から作品全体を削除す る、すなわち作品そのものを入れ換えることを要求したのであり、表現 の一部の削除や訂正を要求したのではないことをご理解いただきたい、 ということです。確かに「書き直しや説明文の添付」を期待し、文庫や 全集の回収を要求しましたが、これは前回の文書で認めたとおり私たち の勇み足でありました。

 私たちはこの作品を含めて貴殿の過去のつかの作品において、表現や 認識に大きな疑問を感じることは否定できません。しかしながら、これ らはすでに発表されたものであり、歴史的・文化的な遺産とも言うべき ものです。それゆえ、その作品に手を加える(削除したり書き直したり する)ことができるのは、筆者本人を除いては不可能なことであり、ま たあってはならないものと考えます。

 問題は、これから貴殿がお書きになったりお話なさるものと、これま での作品の扱われ方です。今回の問題(教科書掲載)は後者の場合であ り、扱われ方によっては今後とも厳しく批判するでしよう。しかしその 際でも、表現の一部の削除や手直しでないことば言うまでもありません。

 また、今後の貴殿の作品や発言については、今から私たちの「批判」の 内容を拘束することは困難です。著しい問題がある場合は、かなり厳しい 「批判」をすることになるでしよう。しかしその内容は、「削除や書き直 し」ではなく、「新たな表現による弁明」の要求になるでしょう。そして その判断は市民的な常識に基づき、要求は紳士的かつルールをもってなさ れるべきであり、と考えます。すなわち、筆者(貴殿)へ直接要求し、十 分な討論を行いたい。その結論は、本人(貴殿)の判断に一任する、とい うことです。また、物理的な圧力を含まなく、公開性に基づく言論活動と してなされるべきである、と私たちは考えます。

 以上のことを、社会的責任の自覚のもとに明言させていただきます。

 私たちの活動の目的は「てんかん」をもつ人に対する理解の確立であり、 彼等が受け入れられる社会の建設です。そのためには、対立や緊張ではなく、 信頼と連帯感が必要だと考えています。それゆえ、文学論であるか否かを問 わず、強制的・強圧的なやりとりの中からは、何も生み出しえないと考えて おります。その認識のもと、貴殿のご「要望」にお答えする形で、私たちの 考えを述べさせていただきました。

 不十分な説明や表現の拙さ、文章読解能力の不足等によって、新たな誤解 を招くのではないかという不安を抱きながらも率直に述べさせていただきま した。どうか貴殿の忌憚のないご意見、ご批判を賜りますれば幸いです。そ して、一刻も早くこの問題についての解決が図られますことをお祈り申し上 げます。

 ご返事をお待ちいたしております。

(社団法人日本てんかん協会機関誌「波」第19巻1号 1995年1月掲載、原文 は縦書き)



Last Updated Sep.24.97
[前のページへ]