発作警告犬


Last updated May.25.2010
Jul.25.99からのこのページへの訪問者数は 人です


2000年9月に 発作警告犬のことがテレビ番組で紹介され、話題になりました。

American Kennel Club, Gazette Special Issue, pp. 50-53, October 2000

に てんかん発作を警告する犬についての記事がありました。飼い主の発作の15から30分前に予告してくれたり、発作を起こした時に電話で救急車を呼ぶなど訓練されている犬の例が紹介され、発作の警告には恐らく犬の鋭い嗅覚が関係しているらしい、というような内容です。

その中に、SEPARATING FACT FROM FICTION (フィクションから事実を区別する)という一節があり、このような犬に対する考え方が書いてあるので、概要を抜粋します。

なお、発作介助犬であっても、賢い犬に対する特別な訓練が必要でしょうから、現実には多額の資金と訓練システムが必要になると思われます。ちなみにに盲導犬の場合には現在、1頭につき250万円、ほぼ1年間の訓練期間が必要なのだそうで、その費用の90%が寄付や募金で、10%が公的な援助でまかなわれているとの事です。また、アメリカ10,000頭、イギリス4,000頭に比べて、日本の盲導犬の数は850頭とのことです。



無断転載はお断りします。All copyright 2000- JEA, All Rights Reserved
[前のページへ] [JEPNETのホームページへ]